• TOP
  • 特集
  • 彼氏に秘所見られそうになった女「NO」と股閉じ彼の眼鏡破壊

特集

2012.06.11 15:59  週刊ポスト

彼氏に秘所見られそうになった女「NO」と股閉じ彼の眼鏡破壊

 古来より、性器を見ることはタブーとされていた。そのタブーは、性の営みの時、はじめて破られる。秘所を見ること、触れることには、どんな意味があるのか。上は60代から下は40代まで、小誌読者を代表して4人の中高年男性に集まってもらった。テーマは、「あなたは女性器を見る派か見ない派か」。

(プロフィール)
●Aさん(60歳)女性経験人数15人
●Bさん(57歳)女性経験人数8人
●Cさん(52歳)女性経験人数70人
●Dさん(43歳)女性経験人数100人超

D:そもそも女性って、基本的には見られるのを嫌がりますよね?

C:確かに「見られるのは嫌だ」っていう子が多いけど、構わず電気を付けたままします。そうやって最初は嫌だっていっていた子が徐々に体を開いていく様がセックスの醍醐味じゃないですか。中には本気で嫌がって、「見ないで」って足を閉じちゃうもんだから、眼鏡が壊れたこともありましたが(笑い)、アソコを愛撫しながら、チラチラ観察はする。それに「嫌だ」っていわれると、ますます見たくなるのが男心ってもんでしょ?

A:そういう点でいえば、最近の若い子は恥じらいがない。僕がこの間まで付き合ってた32歳のOLは、最初の時から、僕がアソコに顔を近づけようとしただけで、足をドーンと開いてきた。それに、自分から「私のってどう?」って聞いてくる。

 とりあえず「すごく綺麗だよ」っていったけどさ。それはそれで楽しいんだろうけど、もうこの年になると、今さらそういう痴女的なプレーよりも、やっぱりイヤよイヤよも……という情緒があるセックスの方が興奮するし、好きだね。

C:フェラチオなんかもそうだけど、若い子たちとすると僕が促さなくても勝手にしてくる。ありがたい話ではあるのかもしれないけど、それもなんだか味気ない。「見る派」の僕もそういうのは嫌いだなぁ(笑い)。

 やっぱり、四十過ぎの女がいいよね。「もうそんな汚いところ見ないで」といって恥じらうでしょ。あれに、興奮する。「濡れてきたよ」なんて耳元で囁くと、顔を赤らめながらすごく喜んでくれるしね。

A:うちの妻は今でもアソコを見られると恥ずかしいっていうからね。もう15年も一緒にいるのに。だから、今でも、ちゃんと妻のことも愛せるんだと思う。

B:結局、見る派も簡単に見られるようじゃ、つまんない訳ですね。

D:アソコの話は奥が深い(笑い)。

※2012年週刊ポスト6月22日号

関連記事

トピックス