• TOP
  • 芸能
  • 綾小路きみまろ 「結婚とは妥協、あきらめ、ボランティア」

芸能

2012.08.14 16:00  女性セブン

綾小路きみまろ 「結婚とは妥協、あきらめ、ボランティア」

 ロンドン五輪も終わりましたが、1万km離れたロンドンよりも、なぜだか遠くに感じる夫や子供との距離。そんな奥様のために、私、綾小路きみまろが日ごろの鬱憤を吹き飛ばしてしんぜましょう。笑いで満たされたなら、とがってばかりだった家族への感情も、ぐっと丸くなるはず。

 奥様、結婚生活というものは、してみないとわからない。果物屋で売っているスイカと同じです。食べてみないとわからないのです。割ったら最後。食べたら最後。これが結婚です。

 中身がどんなにまずかろうと文句はいえません。結婚とは妥協、あきらめ、ボランティアです。

「もう、楽しみは食べることだけだわ!」。その結果の三段腹。ワンピースはミニスカートになり、ご主人からは「年甲斐もなくそんな短いのはいて」と嫌味をいわれてしまいます。

 テレビショッピングで健康器具を買い求め、一生懸命やったのは3日だけ。その後、2日寝込んで「もうやめた!」。

 ご主人の体形に文句をつけておりますが、奥様のほうこそ、ずいぶんと変化してるのです。

 振り返れば、あの若かりしころ、ご主人に会った。お互いの顔を見るだけで、心がときめいた。でもいまは、お互いの顔を見るたびに不整脈です。

 若いころは命がけでした、ご主人に。でもいまは、生命保険をかけています。昔は手を取り合っていました。でもいまは、財産を取り合っています。

 昔は喋り足らず、夜中まで喋りました。でもいまは、口を開けるのは、薬をのむときと歯を磨くときだけです。

 昔は愚痴をこぼしていました。でもいまは、ご飯をこぼすようになりました。昔はハメを外していました。若かったんです。でもいまは、外せるのは入れ歯ぐらいです。

 昔は男性に声をかけられるときがありました。でもいまは、声をかけてくれるのは、おまわりさんぐらいです。

 ああ…「あなた、白髪の生えるまで一緒に生きていこうね」と約束したご主人も、ツルツルに禿げ、近ごろ、どこにシャンプーをつけていいものか。どこまで頭を洗ったらいいものか。頭がかゆいのか、顔がかゆいのか。シャンプーの泡が立たず、いったん、おへその下の毛で泡を作ってから、リサイクルシャンプーで頑張る始末なんでございます。

※女性セブン2012年8月23・30日号

関連記事

トピックス