• TOP
  • ライフ
  • 家族も明るくなり夫も変える「ホメ言葉」変換リストを紹介

ライフ

2012.10.09 07:00  女性セブン

家族も明るくなり夫も変える「ホメ言葉」変換リストを紹介

 最近、ホメ言葉を習得しようという主婦たちで、セミナーも盛況だという。夫をホメるだけで夫婦の不仲が修復されると評判の、魔法のようなホメ妻言葉とは?

 長年夫婦をやっていれば、相手の欠点ばかりが目についてしまうもの。だが、『夫の年収を2倍にする奇跡のほめ言葉』(徳間書店)の著者・鈴木あけみさんは以下のように指摘する。

「新婚当初、どんなに仲が良かった夫婦でも、妻からダメ出しばかりされていたら、夫は妻に愛想を尽かし、やる気をなくしてしまうもの。ダメ出しは夫婦間の亀裂を大きくする原因になるだけ。いいことはまったくないんです」

 夫を否定し続けた結果、浮気をされたケースがたくさんあるという。

「夫の中には、“妻から認めてもらえないから、愛人に走った”という人が多いのですが、仕事でも大変なのに、家庭でも否定されるのは、人間としてつらいもの。男性は身近な妻にこそ自分のことを認めてほしいものなのです。

 かつて私も夫から、“一生懸命働いているのに、君はぼくをまったくねぎらってくれない”と言われたことがあります。その時はショックでしたが、夫にあの時かけるべき言葉は、“ありがとう”だったことに気がつきました」(鈴木さん)

 夫婦といえども、感謝の言葉は口にしないとわからないもの。しかし、ホメ慣れていないと、ねぎらいの言葉はおろか、感謝の言葉も口にしづらいのが現実だ。

 日本ほめる達人協会代表で『ほめる生き方』(マガジンハウス)の著者・西村貴好さんはこう説明する。

「まずは夫を名前で呼ぶことから始めるといいでしょう。これまで“パパ”だったのを“○○さん”と名前で呼ぶ。それだけでも男性は嬉しいもの。人間の脳は怠け癖があるのですが、誰かから認められたと認識すると、脳はやる気モードになるのです。それにはまず名前で呼んで、パーソナルな部分を認めることが必要です」

 次のステップは、相手の良いところを探して、とにかくホメまくることだ。

「人間は“さすが、素敵、すごい”など、Sから始まる言葉をかけられると喜ぶもの。例えば、高いところのものをとってもらったら、“すごい”と言う。男性は、女性より優位に立てるところに喜びを見出すものなので、“自分の手に届かないところのものをとってもらった”と言うだけで、“俺はすごいんだ”と思います。また、“こんなことできるのはあなただけね、さすが”なんて特別感をあおる言葉も、効きますよ(笑い)。

 その他、“あなたの仕事は素晴らしい”など、とにかくSから始まる言葉を口にすること。これは今すぐにでも始めるべきですね」(鈴木さん)

 ホメることにためらいがある場合は、あいさつから見直すことがコツ。

「あいさつで気をつけてほしいのは、軽々しいあいさつです。“おはよう”というのもNG。仮にあなたが会社の上司にあいさつするときに“おはよう”と言いますか? 尊敬している人には必ず“おはようございます”と尊敬語であいさつするはずです。意外と男性はそのあたりを気にするもの。あいさつから“私はあなたを尊敬しています”という感情表現をすれば、旦那さんは気持ちよくなってくれます」(鈴木さん)

 S言葉が口にできるようになったら、下の表を参考に、欠点もホメてみて。

「相手に対して不満に思っているところをホメ言葉にする。これも効果が高いんです。例えば、“ケチ”なら“節約家で経済観念がある”。“細かい”なら“繊細でよく気がつく”。そのように否定するのではなく、相手の欠点をあえてホメるんです」(鈴木さん)

「ホメ言葉」変換リストは、以下の通りだ。

◆いばっている→男らしい
◆細かい→よく気がつく、繊細
◆ケチ→節約家、しっかりしている
◆浪費家→自分に投資している
◆外面がいい→社交的
◆幼稚、子供っぽい→かわいい
◆だらしがない→甘えん坊
◆何か頼んでもすぐ忘れる→おおらか
◆ウソつき→思いやりがある、大人
◆「ありがとう」と言わない→感情表現が苦手、照れ屋

※女性セブン2012年10月18日号

関連記事

トピックス