• TOP
  • 特集
  • 寝取られ願望男「助けると思って友と寝て」と33歳彼女に懇願

特集

2012.10.19 15:59  週刊ポスト

寝取られ願望男「助けると思って友と寝て」と33歳彼女に懇願

 恋愛問題に詳しいカウンセラー・マキはメールで女性の恋愛相談に応じていたが、いつしか「相談」とは名ばかりの赤裸々な告白が全国から送られてくるようになった。今回は19歳・経験人数26人・会社では男性社員から万年処女と思われている33歳の女性からの相談だ。

 * * *
 他の男に抱かれる想像をすると、異常に興奮する。でも、もう想像だけじゃダメ。助けると思って友だちと寝てほしい……と涙ながらに彼がいうんです。ネットで調べたら、彼みたいな「寝取られシンドローム」が増えているんですって。急に彼が気の毒になり、承知してしまいました。

 相手は前に飲んだことがある男で、ホテルに入るとすぐに、舌入れキス。そして、唇が離れたと思ったら、携帯を私の耳にあてて、「彼氏に今の状況を話して」というんです。電話口からは、彼の荒い息が聞こえてきました。

 男の口が私の乳首を乱暴に吸うから、思わず「あっ」と声を出すと、彼は「何された?」って。覚悟を決め、男にされてること、みんな彼に話しました。「うっ。いま亀頭がアソコを押してるの」「……入ったのか?」「あ、いま、ちょっとだけ」

 この危険な中継ゲーム。一回だけじゃ終われないかも、です。

※週刊ポスト2012年10月26日号

関連記事

トピックス