• TOP
  • 特集
  • 女子高生好き課長 24歳交際相手にルーズソックス着用要求

特集

2013.01.15 15:59  週刊ポスト

女子高生好き課長 24歳交際相手にルーズソックス着用要求

 恋愛問題に詳しいカウンセラー・マキはメールで女性の恋愛相談に応じていたが、いつしか「相談」とは名ばかりの赤裸々な告白が全国から送られてくるようになった。今回は、喪失17歳。人数5人。選挙は期日前投票を行なった貿易会社勤務の24歳の女性からの相談だ。

 * * *
 この間、課長がベッドの上で、いきなり「お前、ルーズソックス持ってるか」っていうのね。なんでも昔のAVを鑑賞していたら女子高生モノが出てきたらしくて、萌えちゃったみたい。

 まっ、仕事でもアッチでもお世話になっている課長様の頼みだもんね。探しましたよ、押し入れの奥まで。したらさ、あったのよ、高校時代にはいてた純白のルーズソックスが。早速、ラブホで素っ裸状態のままソックスをはいてあげたら、課長、力任せに私を押し倒して、脚を思いっきり広げ即挿入よ。しかも、入れながらソックスをクンクン。

「あの頃に、一度でいいから、モノホンの女子高生の若いアソコに入れたかった」とまでいいやがってさァ。ふんっ、私はまだ20代よ。弾力ある締まり具合には自信があるんだから。

※週刊ポスト2013年1月25日号

関連記事

トピックス