• TOP
  • 特集
  • 初体験18歳の壇蜜 忙しくパートナーと呼べる男性女性いない

特集

2013.01.22 15:59  週刊ポスト

初体験18歳の壇蜜 忙しくパートナーと呼べる男性女性いない

 グラビア界に彗星の如く現われ、瞬く間に「日本一のセックスシンボル」となった壇蜜(32)。その勢いは凄まじく、もはやテレビでその姿を見かけぬ日はないほど。バストトップやヘアを惜しげもなく晒す「エロの女王」が、規制だらけのテレビで大暴れする様は痛快ですらある。その人気絶頂の壇蜜と、本誌セックス企画で大活躍するカリスマ医師・宋美玄氏が語りあった。

宋:それじゃあ壇さん、私、早速いろいろ聞きたいことがあるんですけど、初体験っていつですか?

壇:18歳でした。

宋:普通……、イメージからすると遅いくらいですね。

壇:だけどその前に好きな人はいたんです、同性の。

宋:えッ! バイセクシャルなんですか? じゃあ女性とのセックスはもっと早くに経験してた?

壇:そこまで知識がなかったんで(笑い)。でも、一緒にお風呂に入ったり、キスしたりはしてたなァ。

宋:その子とは相思相愛だったんだ?

壇:仲良かったですね。私は彼女といて楽しかったんですけど、2人とも大学に進んで、それぞれのキャンパスライフを送るようになってくると、彼女はやっぱり“男の人と付き合いたい”って言い始めて距離ができて。それで私も男性の彼氏が欲しいなって思い始めたんですよね。

宋:2人ともバイセクシャルだったんや?

壇:私はそうですね。彼女のほうは女子高っていう環境がそうさせてただけかもしれない。私は今でも、男性より女性と関係を持つほうが緊張しますね。今は忙しくてパートナーと呼べる人は男性も女性もいないんですが、かわいらしいスタッフの女性を見かけるとちょっと気になっちゃう。

宋:私は経験ないんですけど、女性同士のセックスってメッチャいいらしいですね。やっぱり同性やから敏感な部分はわかっているし、自分がいつもマスターベーションでしていることを相手の女性にしてあげればええわけやから、愛撫も気が利いてるし。ただ、男性相手のセックスと違って射精っていう終わりがないから、ずっとめくるめく快感をベッドの上で得続けるらしいです。

壇:確かに女性とそういうことになった時、“どこで終わればいいの?”っていうのはありました(笑い)。射精って実質的ですけど、女性は内側で感じるものだから、2回戦、3回戦となっちゃうんでしょうね。

※週刊ポスト2013年2月1日号

関連記事

トピックス