• TOP
  • グラビア
  • ライターで各自さっと炙って食べるホタルイカが名物の角打ち

グラビア

2013.01.29 16:00  NEWSポストセブン

ライターで各自さっと炙って食べるホタルイカが名物の角打ち

「揃えている酒のレベルも高いし、つまみの種類も豊富でうまい」(常連)

 主人は3代目となる木庭健次郎さん(35)。

「酒屋としては80年を超える歴史を持っているんですが、角打ちを始めたのは10年ほど前。母の発案で、それまで酒を置いておく倉庫だった場所を、角打ち処にしたんです」

 意外なことに木庭さん自身は、角打ちがスタートした時点では『こば酒店』からは離れ、大手コンビニチェーンのサラリーマンとして働いていたという。

「父が酒屋部門を担当し、ふたりいるうちの上の妹が角打ち部門を切り盛りしていました。最初はご近所さんが来てくださる程度だったんですが、酒の品揃えがよくて安く飲めるということが口コミで広がって、ファンが増えてきましてね。角打ち3年目の頃には、自分もサラリーマンをやめてこの店を手伝うようにしたんです」

 3本の道路が交差している場所だから六つ角。この店はそのうちの2本の道路にはさまれていて、一方の道路に面して落ち着いた風情の酒屋が客を迎え、もう一方の道路側に角打ち客を迎える入り口がある。

 現在は、角打ち処の中心となっているのが下の妹の梨栄さん(31)。調理関係もすべて彼女が受け持っている。

「お酒は兄がしっかり揃えていますから、私はつまみに関して気を配っています。ほとんどを占めるサラリーマンのお客さんが喜んでくださるもの、女性にはヘルシー系のものですね。簡単なものばっかりですけど、だいたい60種類は揃えています」

関連記事

トピックス