国内

小沢一郎氏「民主党が何で解散したのか、今でもわからない」

 昨年12月の総選挙で惨敗を喫した小沢一郎氏だが、改革への情熱が消えたわけではない。『小沢一郎 嫌われる伝説』著者で政治ジャーナリストの渡辺乾介氏が、自民党と解散について小沢氏に聞いた。

──旧体制の政治技術的なしたたかさというのは相当なもので、野党に転落した時の自民党は、徹底的にスキャンダル攻勢をかける。

小沢:日常の選挙活動でも、それはもう民主党なんかよりはるかにやっています。それはやっぱり大事だと思う。自分の目的に対する執念、そのためにはどんなことを我慢してもやるという執念ですね。そして、それが民主主義の原点だと私は思います。

 だから、野党になった自民党は政権を取るために、多少の違いはいいからとにかく皆でまとまろうとする。そこが大人というか、したたかさというか。

 民主党が一生懸命やっていたら、政権党に3年半いながら、こんなに負けるわけがない。僕は(民主党時代に)「大衆の中に、国民の中に入れ」と言ってきた。しかし、そう言えば言うほど煙たがられました。

 だけれども、国民と直接触れ合うことなく、国民が何を求めているのか、何を期待しているのかがわかるはずがない。残念ながら、そうした政治活動が民主党にはほとんどなかった。結局、永田町で会合ばっかりやって、地元で自分を支援してくれた人たちの意見の吸い上げが全然できていない。それがこんなに負けてしまった最大の原因ですね。

──民主党は、総理大臣自身が負けるとわかっていて解散し、江戸城の無血開城のごとく政権を自民党に譲り渡した。

小沢:当時の選挙の担当者、責任者たちが、選挙中や選挙後に、「筋肉質になってすっきりした」「これだけ負けてよかった」なんて言っていたんでしょう。二百何十人も殺したのに、「これでよかった」と言うのは信じられない。どういう精神構造をしているのか。

 それは多分、巷で言われているように、彼らなりの思惑があったんじゃないですか。要するに、自民党も過半数に届かないだろう。自分らもほどほど生き残れば連立を組めるという打算ですね。それを狙って解散したとしか考えようがない。

 自分たちが「自民党ではダメだ」と訴えて政権を取りながら、自民党と結ぶことを前提にして政治行動をするというのは、本当にむちゃくちゃで、邪な考え方です。でも、そうとしか解釈できない。何で解散したのかは、今でもわかりません。

──その民主党は、検証作業と称する党再建論争の最中です。

小沢:へぇ、そんなことをやっているの?

※週刊ポスト2013年3月1日号

関連記事

トピックス

ホテルを後にする神田うの
【独占スクープ】神田うの、中国人実業家とビジネスホテルで週一の密会 関係者は「金銭トラブルの話し合い」
女性セブン
小澤陽子アナを射止めたのは「現役東大生社長」(写真/ロケットパンチ)
フジ・小澤陽子アナ 極秘結婚したお相手は3歳年下の「現役東大生社長」だった
週刊ポスト
仲睦まじさは健在(2021年12月、東京・港区。写真/JMPA)
天皇ご一家、3年ぶりのご静養へ 行き先は葉山御用邸が有力、皇室も徐々に「ウィズコロナ」化
女性セブン
「腹立ちましたね」とも(YouTubeより。現在は削除済み)
80代おばあちゃんワンオペうどん店酷評YouTuberのラジオ番組が終了、FMヨコハマ明かした納得の降板理由
NEWSポストセブン
2021年には試合前の肩を組んだダルビッシュ選手と大谷選手(写真/GettyImages)
ダルビッシュ有&大谷翔平、2大スターの貴重な肩組みショット WBC“夢の共演”は目前
女性セブン
宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
55才で急逝したMBS高井美紀アナ 有働由美子アナが憧れた“人生の道標”だった
55才で急逝したMBS高井美紀アナ 有働由美子アナが憧れた“人生の道標”だった
女性セブン
ぺろぺろ動画が撮影された岐阜県内の店舗
スシローペロペロ騒動 少年は憔悴し自主退学 重罪か悪ふざけか、過剰な熱量への違和感
女性セブン
逮捕された慶応高職員の鏑木容疑者
「あだ名は鬼軍曹」「いきなり生徒を背負い投げ」逮捕された慶應高教員の柔道家の素顔
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン