• TOP
  • スポーツ
  • 金田正一氏 菅野に「ちゃんと食え!女に気をつけろ」と助言

スポーツ

2013.02.21 07:00  週刊ポスト

金田正一氏 菅野に「ちゃんと食え!女に気をつけろ」と助言

カネやん登場に緊張気味の菅野(左)

「菅野(智之)をこの目で見たい!」ということで、カネやんこと400勝投手・金田正一氏(79)が、宮崎の巨人軍キャンプを訪問した。ベンチで原辰徳監督と合流すると、カネやんの意向を知った原監督が、おもむろに自身の甥で2012年のドラフト1位・菅野を呼び寄せた。

原:「お~い、智之! ちょっと来い。大先輩がお前を心配して見に来てくださったぞ」

菅野:「ありがとうございます」

金田:「ワシが誰かわかるか?」

菅野:「もちろんです、ハイ」

金田:「長嶋さんだよ」

菅野:「あ、イヤ、ハイ(とカネやんのギャグに困惑気味)」

金田:「いい体だ。油断せず、大学と同様にやれば成績を残せるさ。それに男前だな」

原:「それはもう、僕のDNAも入ってますから(笑い)」

 カネやんはその後、菅野の投球を見るためにブルペンへ。普通はOBでも立ち入り禁止のマウンド後ろに陣取り、火鉢まで用意されるという特別待遇のなか、投球を見守った。内容には大満足した様子。記者に囲まれると、カネやん節が炸裂した。

「いい目の保養になった。金田二世だよ。大谷(翔平)や藤浪(晋太郎)とは比べものにならんね。あの子たちはまだ見てないけど」

 ずっこける報道陣を尻目に、こう続けた。

「稲尾(和久)を思い出したね。腕があれだけ、1コマ、2コマと“コマ遅れ”で出てくる投手を久しぶりに見た。腕が遅れることで、球がいきなり来るから、打者は苦労するだろうな。ノーモーションでいきなり殴られるようなものだよ。反応できんだろう? フォームも非の打ち所がなく、欠点がない。あとは自信満々でやることだ」

 最後に菅野に、「ちゃんと食えよ! 女に気をつけろよ!」といい残し、カネやんは去っていった。

撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2013年3月1日号

関連記事

トピックス