• TOP
  • 特集
  • 中国人観光客 日本のソープランドで盗撮、中国語サイトで公開

特集

2013.05.11 15:59  週刊ポスト

中国人観光客 日本のソープランドで盗撮、中国語サイトで公開

 中国人観光客といえば、秋葉原あたりで電化製品を買い漁る姿がお馴染みだが、最近はそのプレイスポットもだいぶ変わってきた。東京・吉原のソープ街では2~3年前から中国人客が増え始め、年明けからは急激に増えているという。

「10年前、吉原のほぼすべての店が“外国人お断わり”でしたが、この不況の中、カネを落としてくれる中国人を受け入れる店が増えてきた。ウチは1日平均50人くらいの来客で、多いときは中国人客が2割以上を占めます」(あるソープランドの支配人)

 そこでこんなトラブルが起きていた。別のソープランドのオーナーが憤る。

「たぶんスマホで撮ったんだと思うのですが、プレイの一部始終を動画に撮られ中国語サイトで公開されていた。タブレットPCを持った別の中国人客が『このコを指名したい』といって動画を見せてきたのでわかった。女の子は相当なショックを受けてました」

 日本女性とのセックスを武勇伝のように自慢したいのか、「撮影禁止の表示を出していても、プレイ中に無言で撮影を始めたり、女の子の写真を撮らせろという要望はかなり多い」(前出の支配人)という。お金でもトラブルになる。多いのはこんなケースだ。

「日本語を話せる中国人の仲介者が中抜きするんです。総額4万円のところを、6万円といって2万円をフトコロに入れる。それで、日本人客が払っている値段を知ると、“高いじゃないか、カネを返せ”とモメる。仲介業者を問い詰めても埒が明かず、うるさい客には1万円ほどバックする。仲介者とグルなのではと思われることもあります」(別のソープランドの支配人)

※週刊ポスト2013年5月24日号

関連記事

トピックス