• TOP
  • ライフ
  • 杉村太蔵が実体験で提案する費用をおさえて記憶に残る結婚式

ライフ

2013.05.17 16:00  女性セブン

杉村太蔵が実体験で提案する費用をおさえて記憶に残る結婚式

 バラエティー番組で活躍中の杉村太蔵・元衆議院議員(33才)が、女性セブン読者のお悩みにアドバイス。今回は、結婚式に関する相談です。

【読者からの相談】
 28才の息子が結婚することになりました。うちは裕福ではなく、できれば親族だけでジミ婚にしたいのですが、お相手は「一生に一度だから記憶に残る式にしたい」と豪華な式を望んでいるようです。豪華な式だとお金がかかるので、できるだけ費用をおさえて記憶に残る式にするにはどうしたらいいでしょうか。(52才・パート)

【杉村太蔵のアドバイス】
 議員時代から公私ともにたくさんの結婚式に参加しましたが、記憶に残っているのはズバリ自分たちの結婚式です。

 私の場合は親族だけしか呼ばなかったジミ婚でした。家内は「もっと人を呼んで盛大にしたい」と言っていましたが、ビシッと却下しましたよ。

 結局、うちは両家合わせて50人ぐらいしか呼びませんでした。ホテルのレストランを借り切って、こぢんまりとしていましたが、家内もウエディングドレスを着て、お色直しもしました。

 この式で、私が考えたサプライズは、参加者全員に、1分間スピーチをお願いすること。当日、乾杯を終え、いきなり「では皆様からひと言ずつお願いします」と言ったら、全員、「え!」とびっくりしていましたね。

 事前に誰にも言ってなかったので、みんな戸惑っていましたけれど、その驚きがまた面白いんです。しゃべり慣れていない人がしどろもどろになりながらも温かい言葉をかけてくれると、こちらも温かい気持ちになる。また普段、無口な人が上手なスピーチをして笑いをとるという意外な一面を発見して、見直したりとかね。

 ひとり1分ですから、全員やっても1時間。ダレることもないですし、今でもその時のことは記憶に残っています。

 国会議員の結婚式だとどうしても大臣クラスまで呼ばなきゃいけないと思われがちですが、そんなことはありません。私も小泉純一郎首相(当時)に結婚の報告をした際に「親族だけでこぢんまりとした結婚式にしようと思っています」と言ったら、「それがいい。それでいい」と言ってくれました。

 今すぐやらなくても、10年、20年後といった節目の年にお世話になった人たちを招いて、パーティーをする方法だってあります。うちは10年、20年後にお金をためてホテルで盛大にパーティーを開きたいと思っています。お金をためて、年を追うごとにゴージャスな披露宴にする。うちの家内にも「楽しみは10年後にとっておけ」と言ってありますから。最初はジミ婚でも、節目節目で記憶に残るものができれば最高じゃないですか。

※女性セブン2013年5月30日号

関連記事

トピックス