特集

最新特集記事のRSS

女性用TENGA 発売2週間で生産追いつかなくなる大ヒット

2013.05.25 15:59

 女性向けのオナニーグッズがバカ売れしている。 老舗女性雑誌『婦人公論』(中央公論新社刊)は2007年から別冊として『快楽白書』を発行している。中でも人気を集めているのが「KERAKUコレクション」だ。    性交痛に悩む女性のための潤滑ゼ

 女性向けのオナニーグッズがバカ売れしている。 老舗女性雑誌『婦人公論』(中央公論新社刊)は2007年から別冊として『快楽白書』を発行している。中でも人気を集めているのが「KERAKUコレクション」だ。
 
 性交痛に悩む女性のための潤滑ゼリーや、携帯に便利なバイブレーター、さらには膣の締まりを鍛えるエクササイザーなど、さまざまなラブグッズが紹介され、誌上やネット上で購入できるようになっている。
 
 本誌が発売前にその存在をスクープした女性用TENGA『iroha』(3月3日発売)も大ヒット中。
 
「発売から2週間で生産が追いつかなくなるほどで、すでに数万個を出荷。購入者の8、9割はインターネットを利用しています」(TENGA社広報)
 
 実際にオナニーグッズを使っている女性の声を聞こう。
 
「子供が寝た後、夫が帰宅する前にベッドでコッソリとしています。夫が出張の時は、朝まで楽しんでしまうことも。もちろん夫は私がそんなものを持っているなんて知りません」(Aさん・40代・主婦)
 
 そうした密かな快楽は、夫だけでなく、女友達にも内緒だ。OLのBさん(20代後半)の話。
 
「女子会でもセックスが話題になるけれど、みんな話すのはパートナーとのことだけ。女子同士のバトルは激しいから、オナニーしてるなんていったら“セックス相手もいない、寂しい女”なんて思われますからね。でも、実際は彼とのセックスより、ラブグッズでオナニーするほうが気持ちいいんです」
 
 あなたの近くにいる清楚な女性も、夜な夜な、密かに秘めた欲情を満足させているのです。

※週刊ポスト2013年5月31日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP