スポーツ

DeNAブランコ 王貞治55本記録抜くためのポイントを識者解説

 驚異的なペースでホームランを量産している横浜DeNAのブランコ。5月26日には場外弾を放ち21号まで伸ばしている。このペースで打ち続ければ、シーズン60本近く打つ計算だ。果たして、シーズン本塁打の日本記録55本を超えることができるのか?

 スポーツライターの加来慶祐さんがこう解説する。

「昨年と比べて無駄な力が入っていない、いいスイングをしているので、コンディションとしてはものすごくいい状態だと思います。今年は昨年までのナゴヤドームよりも狭い横浜スタジアムが本拠地なので、力まずに打てているのかもしれません」

 昨年は統一球が導入されたことで、ホームランが激減したが、今年は、ボールが飛びやすくなったとわれており、こうしたこともプラスに働いているようだ。

 しかし、ブランコに立ちはだかるといわれているのが、外国人選手が王貞治さん(現・ソフトバンク球団会長)の日本記録55本を破ることへのさまざまなプレッシャーだ。これまでも多くの外国人選手が、記録に迫りながら結局、達成することができなかった。

 1985年、阪神・バースが55本まであと1本と迫った公式戦の最終ゲーム。巨人バッテリーからまったく勝負してもらえず、5打数4四球に終わった。2001年にはシーズン終盤の試合、55本に並んだ近鉄・ローズが、ダイエーバッテリーのボール攻めにあい結局、タイ記録でシーズンを終了。その翌年には、西武・カブレラがシーズン7試合を残しながら連日、敬遠攻めにあい、55本どまりだった。

「バース、ローズのときは相手チームの監督は王さんでした。でも、王さんが指示したわけではなく、コーチ陣やバッテリーの判断だったようです。それだけ周囲にとって王さんの記録は破るべきはでない絶対的なものという考えが強いのです。当時、はっきりと“いずれ帰国する外国人選手に、王さんの記録を破られるわけにはいかない”と話すコーチもいましたからね」(スポーツ紙野球担当記者)

 ブランコにも、早くもファンから「同じことが繰り返されるのではないか」という心配の声が出ているが、加来さんは、新記録達成には今後のペースが重要だと指摘する。

「ブランコはなるべく早い段階で50本台に乗せることが記録達成のカギとなるでしょう。8月の終わりか9月の前半に50本に乗せることができれば、残りのシーズンが1か月以上となりますから、そうなれば、55本を抜く可能性はぐんと高まる。さすがに残り試合すべてで、勝負を避けられることはありえないですからね」

 死球を受け2試合の欠場後、31日から復帰し、ファンの大歓声を受けたブランコ。ホームラン量産へますます期待が高まっている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト