• TOP
  • 特集
  • 娘に彼氏ができた母 性技を週末夕飯時に指導して夫が引く

特集

2013.07.14 15:59  週刊ポスト

娘に彼氏ができた母 性技を週末夕飯時に指導して夫が引く

 50代の女たちが暴走しているのは、ベッドの上だけではない。48歳の商社マン・A氏にとって、週末の夕食は唯一家族団欒を楽しめるやすらぎの時間だった。ところが、最近はそれが憂鬱で仕方がない。今春、大学に入学した一人娘に彼氏ができた。しかし、それは直接的な原因ではない。
 
「それをきっかけに、妻と娘があけすけにセックスの話をするようになりました」
 
 とA氏。最初は「いい男なの?」「芸能人でいうと誰に似てる?」といった他愛ない話だったが、そのうち「どこまでした?」「ちゃんと気持ちよくしてあげてる?」とかなりきわどい内容になり、やがて妻がセックス・テクまで教えるようになった。
 
「娘の腕をつかんで“握る時はこのくらいの強さよ”とか、“ここを舐めるといいみたいよ”とか。聞くに堪えなくなって私が“食事中にそんな下品な話はやめなさい!”と怒鳴ると、娘が冷たい目で“お父さんだって、下品なことをしてもらって喜んでるんでしょ?”。もう何もいえなくなりました」(A氏)
 
 さらには言葉だけでなく、驚くべき行動に出る妻も。B氏(55歳・製造業)の大学生の娘が、家に彼氏を連れてきた時のこと。
 
「妻は手料理を振る舞ってもてなし、大学生活や彼氏の家庭の話題で盛り上がり、なごやかな雰囲気でした。ところが食事を終えて、2人が娘の部屋に入ろうとすると、妻が『娘のことを大事にしてあげてちょうだいね』と言って、彼氏にコンドームを渡したんです。彼氏はもちろん、娘も私も凍りつきましたよ」(B氏)
 
 また、女としてまだ通用することをアピールしたいのか、娘の彼氏に向かって「娘はオッパイが小さくてつまんないでしょ。今度、私と試してみる?」と冗談めかしていったり、息子が連れてきたガールフレンドに「もう経験してるの?」「何人くらい?」としつこく聞く母親もいるという。

※週刊ポスト2013年7月19・26日号

関連記事

トピックス