• TOP
  • 特集
  • 女性器の美容整形希望女性増 某国ロイヤルファミリーも経験

特集

2013.07.17 15:59  週刊ポスト

女性器の美容整形希望女性増 某国ロイヤルファミリーも経験

 50代の女性の性欲に男たちはおののきつつある。美人産婦人科医・宋美玄氏の元にも多くの熟女が駆け込んでいるという。

「女性器の美容整形を希望する女性は40~50代を中心に確実に増えています。最近は、顔や胸は当たり前というぐらい整形に対するハードルが下がっている。そんな中で、男性から“膣がゆるい”“(小陰唇が)黒い、大きい”などといわれてコンプレックスを抱えた女性が、女性器の若返り手術の相談にいらっしゃいます」

 そうした女性たちの間で特に話題なのが、昨年日本に上陸した『LAレディーストリートメント』という美容整形技術だ。

 発祥はアメリカのロサンゼルス。女性器の美容整形の権威であるドクター・マトロック氏が考案した技術で、半導体レーザーメスを使い、女性器の外見だけでなく中身も変え、セックスライフを充実させるというものだ。代表的な施術は女性器の締まりをよくする『タイトニング』と、老化などで変形した女性器を美しく形成する『デザイニング』、そしてGスポットの感度を上げる『Gショット』だ。

 女性器にメスを入れる女性がどれだけいるのか疑問に思うかもしれないが、マトロック氏はこれまでハリウッドスターやプロアスリートから某国のロイヤルファミリーまで、世界65か国、のべ5700人に施術を行なってきているという。

 考案者であるマトロック氏は「16歳の女性器に戻す」というポリシーを持って手術に挑んでいるという。欧米では女性器は無垢なものが一番よいという思いが強いためだが、日本ではそこまでの若返りを求めている人は少ない。

 マトロック氏の元で研修を受けた関口由紀医師が理事長を務める女性医療クリニック「LUNAグループ」では、「個人差はありますが、だいたい50歳前後の方の女性器ならば、25~26歳ぐらいを目指しています」という。

※週刊ポスト2013年7月19・26日号

関連記事

トピックス