芸能

女癖悪い布川敏和に妻・つちやかおり 浮気で離婚バカらしい

「今から(夫と)ラブラブになろうとか、(夫を)大好きだって気持ちを出そうと思っても、やっぱり無理がありますよね…」

 7月23日の『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)に出演したつちやかおり(48才)の告白が話題になっている。

 15才のとき、ドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)でドラマデビューし、元祖アイドルとして活躍した後、高校時代から交際していた元シブがき隊の布川敏和(47才)と、1991年、27才の時に結婚。現在、俳優の長男・隼汰(20才)、モデルの長女・桃花(19才)、そして中学1年生になる次女・花音ちゃん(12才)の3人の子供の母だ。

 今年結婚21年目となるつちやは、「離婚」というテーマのもと、度重なる浮気をしてきた夫の布川に対して、男として興味がなくなったときっぱり。何が彼女をそうさせたのか?

「うちは今家庭内別居というか、寝室も別。まずは子供たちと一緒に寝るようになって、そのうち子供たちが大きくなって自分たちの部屋で寝るようになった時、何かもうふたりで寝るのもなぁ、ってなって」(つちや、以下「」内同)

 交際9年で布川と結婚したつちや。結婚前から彼の女遊びにはずいぶん泣かされてきた。そして結婚後も彼の女癖は直らなかった。結婚直後の1993年、布川が『笑っていいとも!』(フジテレビ系)に出演した時もそうだった。

「『テレフォンショッキング』で“いいとも”って言わなきゃで、その電話を自宅で受けることになっていたんです。でも彼は昼になっても帰ってこない。生放送に穴を開けちゃうんじゃないかって心配していたら、誰かの家で電話を受けて、脳天気に話してて…。頭にきましたね。彼には“どこの家で電話を受けたの?”って問い詰めましたよ。そしたら“どっかの店で”とか言って絶対認めない。年中そんなことはありましたね」

 浮気相手との鉢合わせもあったというし、明らかに布川が女性と一晩過ごした形跡のあるホテルの部屋に泊まることになったこともあったという。

 つちやは昨年、『美ST』7月号でセミヌードに挑戦し、本格的に芸能界へ復帰した。周囲からは「離婚の決意では?」などと言われたという。

「確かに仕事をしていたほうが離婚をしやすいですよね。私の場合、したいときはいつでもできますよね。ただ、今それが必要なのか?

 今私は自由ですし、彼は子供たちにとってはいいパパだし、争いごともない。きっかけがあるとすれば逆に教えてほしいです。だって離婚って、大変だっていうでしょう? 友達には“よく続いてるよね”って言われるんですけど、自分の中で麻痺しちゃってるのかな? 浮気ぐらいで離婚するのもバカらしいと思っているんですよね。

 もし向こうが本気になった相手がいて離婚したいなんて言ったら、逆に“どうぞ、どうぞ”(苦笑)。ずっと前だったら、相手は誰なのかとか詮索していたんでしょうけどね」

※女性セブン2013年8月15日号

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン