• TOP
  • 特集
  • 女性が初性交時に出血する理由 処女膜に毛細血管があるため

特集

2013.08.07 15:59  週刊ポスト

女性が初性交時に出血する理由 処女膜に毛細血管があるため

 日本女性の外性器の医学的な構造はどうなっているのか。ここでは処女膜(Hymen)の機能と構造の神秘について医学的に解説しよう。

 処女膜は、性交未経験者あるいは異物を挿入した経験がない女性では通常、膣入口の数ミリ奥に処女膜が存在する。急激な下半身の運動によっても自然に断裂する場合がある一方で、容易に断裂せずにペニス挿入の妨げになる場合もある。

 数回の経膣分娩にもかかわらず、断裂した処女膜が残っている女性も存在する。女性が初性交で出血するのは、処女膜に毛細血管が走っているから。多数の痛覚受容体が存在するため、断裂の際は痛みを伴うことが一般的だが、羞恥心や恐怖心、罪悪感が痛みを増幅させている側面もある。

※週刊ポスト2013年8月16・23日号

トピックス