• TOP
  • 特集
  • 50代女性 同窓会で「かつてダサかった男子」の紳士化に期待

特集

2013.10.01 15:59  週刊ポスト

50代女性 同窓会で「かつてダサかった男子」の紳士化に期待

 最近では婦人雑誌で頻繁に性愛特集が組まれるほど、美熟女たちは出会いを待ち焦がれている。電車や路上ナンパには二の足を踏むご同輩でも、正々堂々と熟女たちと会話を愉しめて、あわよくばという展開に持ち込めるのが同窓会だ。美容室を経営する50代前半の女性はいう。

「憧れていた相手との再会の楽しみはもちろん、学生時代はダサかった男子が渋い中年紳士に変貌していたり……やっぱり女性も同窓会での出会いには期待しちゃいますよ」

 50代の未亡人は、中学時代の同級生にハートを射抜かれた。

「『オレの初恋は君だったんだよ』『いつまでも君だけは変わらないね』と何度も強調され、つい深い仲になってしまいました。私もシミやシワ、たるみを気にする年代だけに、彼の中学生さながらの熱意にほだされたということですね」

 彼女の心理を、不倫関係に詳しい作家の亀山早苗氏が分析する。

「女性というのは、若さや外見に重きをおきがち。50代以上の女性を陥落させるには、この常識を覆すのが最大のポイントです」

 意中の女性が「年とっちゃって」といったら、すかさず「そこがいいんだ。君の魅力になってるんだ」と切り返すべし。

「じっと眼を見つめ、冗談っぽくではなくマジメに口説くことが大事です」(亀山氏)

※週刊ポスト2013年10月11日号

関連記事

トピックス