• TOP
  • 特集
  • 加藤鷹氏の弄乳テク「第2の副乳を刺激すれば効果テキメン」

特集

2013.10.25 15:59  週刊ポスト

加藤鷹氏の弄乳テク「第2の副乳を刺激すれば効果テキメン」

 AV男優の代名詞ともなった加藤鷹の名声を一層の高みに押し上げたのが、2000年にソフト・オン・デマンドからリリースされた『秘技伝授』である。同作は発売後たちまちヒットし、現在までに10を超える続編が誕生する人気シリーズとなった。

 そして同シリーズの真髄を凝縮したのが、書籍版『秘技伝授』である。加藤鷹が門外不出の性技を言語化した同書は、まさに「女体の取扱説明書」。その奥儀を体得すれば、あなたも今夜からパートナーを終わりなき快楽の世界へ導くことができるだろう。加藤鷹がオッパイをいかに揉むべきかを教えてくれた。

 * * *
 すべての男はマザコンである──これには、オレも大いにうなずいてしまう。確かに乳房に興味を示す男は多い。

 ただ、残念なことに大半が「わかっていない」。というのも、キスから耳、そして乳房へと至る愛撫のゴールデンルートの途中にある首筋や肩、鎖骨をおざなりにしてしまうケースが目立つからだ。

 これらのスポットを押さえておくと、結果的に乳房への刺激が大いに高まることを心に留めておいてほしい。

 さて、乳房への愛撫の重要ポイントは「乳腺包みこみ式」。乳腺を刺激するためには、乳房の下部を親指と人さし指を境にVの字にして挟みこむ。

 ただ力の重点は中指、薬指、小指の3本にある。これらの指を使って、おっぱいを下から上へとマッサージするようにやさしく揉みしだく。

 次のポイントは「副乳」への刺激。副乳とは第2の乳房と呼ばれる部位で、ヒトが進化する間に退化してしまったパーツだ。ほら、ヒトやチンパンジーなんて霊長類におっぱいは二つしかないけれど、イヌやネコには複数の乳房があるでしょ。

 ヒトの副乳の位置は、乳房と鎖骨の中間あたり。この周辺を探ってみるとしこりのようなものが見つかる。そこを指圧みたいにグッと押してあげる。「乳腺包み込み式」と同時に刺激すると効果テキメンだ。

 乳首は有数の性感帯。舐める、つまむ、舌先で転がす、噛む……いろんなパターンが有効になる。乳首全体が快感に貪欲なパーツだけど、乳首の根元はかなりの快感ポイントというのもチェックしておいてほしい。

※週刊ポスト2013年10月25日号

関連記事

トピックス