ライフ

牛丼盛りつけは基本的に店員の経験 10g程度誤差は許容範囲

 今や日本が誇る国民的ファストフード「牛丼」。知っているようで知らない牛丼の秘密から、分量や盛りつけについて迫る。

 牛丼の分量は、3社ともマニュアルで規定されており、吉野家では肉と玉ねぎを合わせた具が90g、ご飯250gと定められている。取材によれば他2社も具85g、ご飯250gという規定量があるようだが、広報は「ノーコメント」だった。

「各社とも盛りつけは基本的に店員の経験による。10g程度の誤差は許容範囲とされているようです」

 そう話すのは、大衆食文化に詳しいライターの松浦達也氏(各社とも誤差の許容範囲はノーコメント)。

「吉野家は老舗だけあり、店員のトレーニングもしっかりしている。盛りつけのテクニックは若いアルバイトにも継承されてきましたが、最近は若干のブレを感じます。吉野家は『ご飯盛りつけ機』の導入で作業の効率化を進めています」

 本誌が都内にある大手3社の店舗を複数ピックアップして「並」を注文して計測すると、盛りつけには結構ばらつきがあった。

 たとえばチェーンXの場合、3つの店舗で牛肉、玉ねぎ、ご飯の重さを測ったところ、Aの店舗では牛肉71g、玉ねぎ14g、ご飯が292gの合計377gだったがBではそれぞれ54g、21g、280gの合計355g、Cでは52g、24g、301gの合計377gだった。

 チェーンYでも3つの店舗で同じように測ったところ、Dの店舗では牛肉77g、玉ねぎ34g、ご飯271gの合計382g。Eの店舗ではそれぞれ60g、5g、296gで合計361g。Fの店舗では70g、3g、301gで合計374だった。

 上記の2つのチェーンでは、平均値はそれぞれ370gと372g、合計のばらつきも最大で22gと21gだったが、チェーンZではもっと大きな差がみられた。

 チェーンZの店舗Gでは牛肉が83g、玉ねぎは1g未満だったため測定が不可能、ご飯は300gで合計383g。店舗Hではそれぞれ56g、19g、341gで合計416g。店舗Iでは64g、2g、286gで合計352g。牛肉の差でも店舗によっては27gも差が出ていた。

 なかなか均一にするのは難しいようだが、店舗により具の量に大差がついたことは気になる。

※SAPIO2013年11月号

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト