• TOP
  • 特集
  • ネットのエロ動向に詳しいライター 近年のエロ動画動向解説

特集

2013.11.28 15:59  週刊ポスト

ネットのエロ動向に詳しいライター 近年のエロ動画動向解説

 ノートパソコンにスマホ、タブレット端末など、誰もが携帯機器を手にするようになり、配信される内容も多様化してきた。とりわけめざましい進化と、めまぐるしい展開をみせてくれているのが「無料エロ動画」の世界だ。

 例えば、検索サイトで「XVIDEOS」と打ち込むと、検索結果の冒頭に「Free Porn Videos(無料エロ動画)」とサブタイトルがつけられたサイトが現われる。クリックすると、サイトのトップページには女性の裸や性交シーンが映された無数の画面が並んでいる。それらの中から、仰向けで全裸で寝ている日本人女性を足元から撮った画面をクリックしてみた。女性器にはモザイクが入っておらず、いわゆる“モロ見え”状態だ。

 動画が始まった。黒い紙製のブラジャーとパンツを着てベッドで横たわる女性のそばに、白衣を纏った男性。どうやらオイルマッサージの施術室のようだ。男性はブラをはぎ取り、円を描くように乳房を入念にマッサージしていく。

 男性の手は乳房から腹、そして下半身へと向かう。パンツがはぎ取られ、女性器が露わになった。指でクリトリスをこすると、女性は快感で悶え、吐息を漏らす。男性の中指が女性の膣に侵入し、激しく刺激する。約2分間の愛撫の末、女性の恍惚の表情が大写しになったところで動画が終わった。約7分間の映像だった。

 インターネット上のエロの動向に詳しいライター・尾谷幸憲氏はいう。

「5年ほど前まではエロ動画といえば、AVメーカーが提供する短いサンプル動画くらいだったのが、最近では国内の最新AVが丸々一本、堂々とアップされ、しかも無料で見られるようになっています。また、モザイクなしの、性器や結合部分が映った無修正エロ動画の配信も盛んです」

 尾谷氏は自分のスマホを取り出し、画面を見せながら説明を続ける。

「検索サイトで『無修正』『エロ動画』『美熟女』と打ち込んでみましょう。ほら、たちまちこんなにたくさんのサイトが出てきました」

 見てみると確かに「今宵の熟女」「淫乱人妻動画」といった名前のアダルトサイトが乱立している。

「だけど、ネットのコンテンツは玉石混交が常識。エロサイトは、むしろロクでもないサイトのほうが多いんです。しかもフィッシング詐欺やウイルス感染など、実害の及ぶことも間々ありますから注意が必要です」(尾谷氏)

※週刊ポスト2013年11月29日号

関連記事

トピックス