• TOP
  • 特集
  • 精液に反応する「精液アレルギー」 呼吸困難になる場合も

特集

2014.01.06 15:59  週刊ポスト

精液に反応する「精液アレルギー」 呼吸困難になる場合も

 ベッドにおいて、パートナーを少しでも気持よくさせようと思うのは、当然のこと。その点で、口を利用した愛撫行為は非常に有効だ。しかし、誰かに教えを請うことが難しいテーマだけに、女性の中には、知識を欠いたまま行為に及んでいる方も多いのではないだろうか? そこで口技に関する質問に、識者に答えてもらった。

【質問1】
 私の彼氏は真面目で、SEXの最中に自分からフェラを求めてきません。してあげたいのですが、私からしたら彼は引いてしまいそうだし……どうしたらいいでしょうか?

【回答1】
 求められていないのに積極的にフェラをすると、彼は「元カレの存在」を意識するし、ヘタをすれば「浮気相手がいる?」などのあらぬ不安を覚えることも。男はSEXに関する知識や技術の出所が気になるのです。そこで使いたいのが同性とのSEXトーク。恥ずかしそうに「女子会で彼氏のためにするのが当たり前って聞いたから」といいながら舐めてあげれば、彼も喜んで受け入れてくれるはずです。(ラブセラピスト・Naomi氏)

【質問2】
 彼がイッた後に舐めてあげたほうがいいのでしょうか? そもそも男の人はイッた後に舐められて気持ちいい?

【回答2】
 いわゆる“お掃除フェラ”と呼ばれるものですね。精神面での満足感は得られますが、肉体的な気持ちよさはそれほどないようです。イッた後は亀頭が敏感になり、くすぐったがったり痛がったりする人もなかにはいます。誰もが快感を覚えるものではないので、様子を見ながら試してみてはどうでしょうか。(ラブライフアドバイザー・OLIVIA氏)

【質問3】
 彼に精子を飲むように強要されます。体に害はないのでしょうか?

【回答3】
 精子を飲むと、男性の「支配欲」が満たされるかもしれません。ですが、女性の体質によっては危険な場合があります。特に精液に触れただけでも肌が荒れてしまうという“精液アレルギー”の方は重症になると呼吸困難になる場合も。また、性感染症があれば咽頭への感染リスクが高くなってしまいます。(成城松村クリニック院長・松村圭子氏)

※週刊ポスト2014年1月17日号

関連記事

トピックス