ライフ

全国8千世帯の家計調査 2月は54000円の黒字で貯金の好機

 いよいよ4月から消費税率が8%にアップする。それまでに、どうにかして家計のスリム化を図る人も多いだろう。

 4月までの3か月の中で、2月は締めるべき出費をキュッと締めていくことができる月だという。幸い、28日間と日数が短く、支出が比較的抑えられるため、節約を頑張るうえで好都合なのだ。10万分部を超えるベストセラー家計簿『つけるだけで「節約力」がアップする家計ノート』(小学館刊)の著者・細野真宏さんはこう説明する。

「全国8000世帯の家計を調べた最新の総務省『家計調査』によると、帰省やお年玉などで出費の多い1月は平均で1400円の赤字です。しかし2月は逆に平均で約5万4000円の黒字。貯めるには絶好のチャンスです」

 生活費に余裕のあるこの時期に、一度見直せば毎月節約効果がある、ガソリン代や電気代などの固定費を見直しておくのも手だ。

 また、2月7日にはロシアでソチ冬季五輪が開幕する。

「五輪の開催にあわせて、日用品や飲料のスポンサー関連商品で通常よりちょっぴりお得なものが出ることがあります。また、五輪閉幕後には、“季節外れ商品”として叩き売りされる可能性もあるのでそこもチェック」(節約アドバイザー・丸山晴美さん)

 洗剤やティッシュペーパーなどの「日用品費」を削ると特に節約の効果が高い。ブログ『がんばらない節約とシンプルな暮らし』を綴るそらはなさんは、この1年間で、日用品費を半減させることに成功したという。

「これまで日用品はスーパーやドラッグストアで買っていました。でも、特売商品をついかごに入れてしまい、家のストックが溢れかえることに。なので、ネットスーパーで買うことにしたんです。この方法は節約効果大! 家の在庫をチェックして発注するから無駄がなくなりました」(そらはなさん)

 ネット宅配だからこその割引制度もある。

「Amazonは定期おトク便にすると代金が最大10%オフ。半年に1回の利用でもOK。おむつや水など重くてかさばるものを運んでくれる点も重宝してます」(丸山さん)

※女性セブン2014年1月23日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
「沖縄には、今なお様々な課題が残されています」と、陛下は沖縄の今後についても言及された(宮内庁提供)
沖縄本土復帰50周年 昭和、平成、令和と皇室で受け継がれる沖縄への祈り
女性セブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
新井恵理那
BTSと新井恵理那も気を配る「芸能人とメンタルヘルス」シビアな現実
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
4年近くにわたって“立法も質問主意書もゼロ”だった人たちは?(時事通信フォト)
4年間の活動で“立法も質問主意書もゼロ”国会議員たちの「言い分」
週刊ポスト
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン