芸能

嫌いな夫婦1位加藤茶・綾菜夫妻「早死させたいのか」の声も

 女性セブンが30才以上の既婚女性に「嫌いな芸能人夫婦」のアンケートを実施した。以下の結果となった。()内は結婚の年月と結婚期間だ。

1位:加藤 茶(70)・加藤綾菜(25)(2011年6月=3年)

2位:玉置浩二(55)・青田典子(46)(2010年7月=4年)

3位:赤西 仁(29)・黒木メイサ(25)(2012年2月=3年)

4位:杉浦太陽(32)・辻 希美(26)(2007年6月=7年)

5位:藤本敏史(43)・木下優樹菜(26)(2010年8月=4年)
   船越英一郎(53)・松居一代(56)(2001年6月=13年)

 今回「嫌いな夫婦」第1位に輝いたのは、加藤茶・加藤綾菜夫妻。

「鼻の下をデレンと伸ばしきったカトちゃんがあまりにも哀愁漂っていて。情けないったらありゃしない」(48才・主婦)

 45才という“超年の差婚”としても世間を騒がせたが、同性として綾菜の“思惑”が見え隠れするという意見が多数あった。

「完全にお金目当てでしょう。カトちゃんのことがATMか貯金箱にでも見えてるんじゃないですか」(47才・主婦)

 という、キツ~イひと言も。自分だったら45才も年上の人と結婚できない。そんな思いが拒否反応を起こさせるようだ。

 妻の綾菜は田中将大投手の妻・里田まいに負けずに料理写真をアップ。

「ここぞとばかりに“家事もしっかりこなす良妻アピール”をしてるけど、出てくるのは脂っこいメニューばっかり。とても70才のカトちゃんの健康を考えてるとは思えない。むしろ早死にさせたいのかって感じですよ」(49才・主婦)

 第5位の船越英一郎・松居一代夫妻に対しては「嫁が出しゃばりすぎ」と一刀両断。

「株で稼ぎがあって、しっかり掃除もこなす『完璧な主婦』って自信満々な顔してるけど、夫である船越さんのことをバカにしすぎでしょ。だいたい、掃除なんて主婦にとっては毎日の家事のひとつ。その程度のことをドヤ顔で自慢されてもね」(52才・主婦)

 厳しい意見が続いているが、まだ、夫婦として認められているだけマシなのかも。

「そもそも、夫婦として成立しているかさえ謎」

 とまで言わしめたのは第2位の玉置浩二と青田典子夫妻。

「夫婦としての日常がまったく想像できない。ふたりとも安定感がないし、特に玉置さんは何を考えているのかもわからない。気がついたら離婚してるんじゃ?」(51才・主婦)

※女性セブン2014年2月27日号

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン