芸能

再ブレイク中のヒロミ 堺正章とクレー射撃で和解していた

 現在、数多くのバラエティー番組に出演し再ブレイク中のヒロミ(49才)。最盛期にはレギュラー番組10本、最高月収6000万円という“超”が付く人気者となったが、2004年5月、『発掘!あるある大事典』(フジテレビ系)の司会を降板すると、一気にレギュラー番組を失い、テレビで見かけることが少なくなっていった。

 最近になってヒロミはその理由を、「芸能界でレギュラーとか、何かめんどくせえなって。40才過ぎたら疲れちゃって。芸能界いいかなみたいな。商売みたいなのを何かやってみるかな」と語っているが、降板の本当の原因となったのは、同番組で8年近くコンビを組んでいた大御所・堺正章(67才)を怒らせたため、と報じられている。

「収録後のスタッフの飲み会で、ヒロミさんが“堺さん、最近ちょっとおもしろくないんですよね”と言った話が、堺さんの耳に入ってしまい、逆鱗に触れたというんです。堺さんが“もうあいつとは仕事できない”と言い出したことをきっかけに、ヒロミさんが降板となったそうです」(当時を知るテレビ局関係者)

 芸能界で影響力のある大御所を怒らせたヒロミは、一気に天国から地獄へと堕ちたというわけだ。

 ヒロミは2007年に出演した番組で、堺との関係について言及している。収録時間外に堺に対して「マチャアキさぁ~」と話しかけたところ、鬼の形相で睨まれたエピソードを明かし、「タモさんにはそれでよかったけど、堺さんにはダメだった」とも…。

 あれから10年の年月が経ち、ヒロミは堺に詫びを入れていた。

「ヒロミさんは多趣味で有名ですけど、そのひとつに“クレー射撃”があります。一時は本気でオリンピックを目指すほど、ハマっていました。その射撃を通じて仲よくなったのが岩城滉一さん(62才)なんです。

 その岩城さんと堺さんもクラシックカーレースや射撃など共通の趣味を持っていて仲がいいんです。それで岩城さんが“ヒロミは射撃上手だから一緒にやると楽しいよ”と堺さんに声をかけて、プライベートでも遊ぶようになり、ふたりは和解したそうですよ」(ヒロミの知人)

 実際、今年2月5日のブログで、ヒロミは《この前局で堺せぇんせいと会って5日射撃に行く約束してから二人で寒い中撃ってきた》と綴り、楽しく射撃に興じる2ショット写真まで載せている。

※女性セブン2014年3月20日号

関連記事

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
門田博光氏
門田博光が明かしていた掛布雅之との幻のトレード話の真相「自分の力を阪神で試してみたい気持ちあった」
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
山田邦子
天下を取った女性芸人・山田邦子が語る「テレビが求心力を失った理由」と「傷つけないお笑いへの疑問」
女性セブン
呼吸困難、頭痛など後遺症の組み合わせは多岐にわたる(写真/PIXTA)
疑われ始めたワクチンの効果 追加接種に積極的な国ほど感染者増、自然免疫力への悪影響も
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン