• TOP
  • 特集
  • 裸エプロン溺愛男 「母親思い出すから」と割烹着は断固NG

特集

2014.03.17 15:59  週刊ポスト

裸エプロン溺愛男 「母親思い出すから」と割烹着は断固NG

 恋愛問題に詳しいカウンセラー・マキはメールで女性の恋愛相談に応じていたが、いつしか「相談」とは名ばかりの赤裸々な告白が全国から送られてくるようになった。今回は喪失17歳。人数は教えない。お肌の張りには自信がある25歳の建設会社勤務の女性からの相談だ。

 * * *
 うちの次長ちゃま、ホテルより私の部屋にお泊まりするのが大好き。なぜかといえば、裸の上にエプロンを着せて、キッチンのあっちこっちでいやらしいことができるからだそうな。この間も丸出しのお尻を撫で回し、中指をアソコに入れて楽しんでた。

 そういえば、先日のこと、裸にエプロン好きの次長ちゃまのために、最近話題の割烹着を着てみたの。そう、素っ裸の上から。今日は割烹着をめくって、どんないやらしいことをしてくれるのかな、と思いきや「割烹着はおふくろを思い出すから萎える」ってボソッというのよね。よかれと思ってしたことなんだけど、50代男の心理は複雑で、ようわからん。

【マキの診断】
 男性はセックスの行為に母親を連想させるものを持ち出されると萎えるみたいですよ。いつものエプロンで甘えましょ。

※週刊ポスト2014年3月14日号

関連記事

トピックス