• TOP
  • 特集
  • 熟女ブーム 男が年齢重ねるごとに成熟する女の虜になる結果

特集

2014.03.20 15:59  週刊ポスト

熟女ブーム 男が年齢重ねるごとに成熟する女の虜になる結果

 近年騒がれている“熟女ブーム”は一部の男性の偏愛から生まれているわけではない。年齢を重ねるごとに“性熟”していく女性の魅力に、世の男性たちが虜になっているのだ。

 熟女を攻略するには、彼女たちの肉体に起こっている「経年変化」を知ることが必要だ。成城松村クリニックの松村圭子院長は、「中年女性のセックスにまつわる最大の変化は、濡れにくくなることです」と話す。

 あきこクリニックの田中亜希子院長も、熟女になれば性器が変化していく点を強調する。

「閉経を機に性器は萎縮していきます。ことにセックスレスの女性は廃用性萎縮といって、使わない分だけ萎縮が進行していきます。膣が狭くなるうえ、愛液が少なくなるので挿入時に痛みを伴うようになります」

 セックスが“ごぶさた”という女性には、挿入前の準備運動として入念な前戯が必要だ。

「添い寝するとかハグ、キス、マッサージといった形で、前戯にたっぷりと時間をかけてあげてください」

 愛撫が充実すれば、愛液の潤滑もよくなってくる。それでも痛がる熟女なら、ローションを活用するのも妙手だ。2人でいろんなローションを試してみるのも前戯の一つになるだろう。

 更年期の女性には精神的、情緒的に不安定になる人もいる。中には、閉経で「女性でなくなった」という喪失感を抱く人がいることも忘れてはいけない。

「女性ホルモンの変動とともに自律神経が不安定になりがちな熟年女性の心境は目まぐるしく変化します。

 例えば、『君の肌は柔らかくて気持ちいい』と褒め言葉を使っても、素直に喜ぶ時と、『太ってるっていいたいの』と怒り出す場合があります。熟年女性と付き合うには、その繊細さをキチンと踏まえていただきたいですね」(松村院長)

 田中院長は、体型の変化を気にする熟女とのセックスにおいて、男が細やかな気配りをするべきだと説く。

「照明を暗くしてあげるだけでも、女性のコンプレックスは和らぎます」

 熟女の肉体では、女性ホルモンの分泌が減って、相対的に男性ホルモン優位となる。

「そうなると、男性のようなガツガツした性欲が出てきます。それだけに、女性上位とか女性主導のセックススタイルを取り入れるのがいいかもしれません」(松村院長)

※週刊ポスト2014年3月28日号

関連記事

トピックス