• TOP
  • 特集
  • 性特集頻繁健康雑誌編集長 「週刊誌等に影響された面ある」

特集

2014.03.27 15:59  週刊ポスト

性特集頻繁健康雑誌編集長 「週刊誌等に影響された面ある」

 小誌はここ1年ほどシニア世代に向けて「死ぬほどSEX」特集を組んできたが、実は健康雑誌も、積極的に性を取り上げている。『壮快』は去年から今年の春にかけてセックス特集を何度も組み、30ページにわたる大特集も少なくない。

〈男も女も人生が変わる! 性力アップ術〉(2014年3月号)
〈男も女も性が若返る! 潤いが復活! あの絶頂が甦る! 下半身の活性術〉(2013年11月号)
〈男は朝立ちが復活しギンギン! 女は熱く潤いラブラブ! セックスレス、中折れが解消した 性力爆発食新発見〉(2013年9月)
〈男は勃起力増強! 女は潤い復活! 性力アップ大作戦〉(2013年8月号)

 こうして特集タイトルを並べると、同誌の力の入れ具合が伝わってくる。小川潤二編集長が明かす。

「もともと健康雑誌にとって性は不可欠なテーマですが、最近頻繁に特集しているのは、週刊ポストさんなどに影響された面があります。読者からの反響は大きいですよ」

『健康』は、セックスの大特集を組むのは最近では年に1回程度だが、DVD付きムックを発売したり、別冊付録をつけたりすることが多い。

「雑誌本体で特集すると、女性読者の中には買いづらい人がいるのですが、付録ならば、見たくない人は捨てればいい。しかし、『こんな特集をやられると、旦那(女房)がその気になって困る』というオノロケのようなご意見をいただくなど反響は大きい。熱心に読んでもらっていることが想像できます」(山浦恵子編集長)

 性特集は今に始まったわけではない。そもそも『健康』は、創刊号である1976年10月号でも〈中国三千年の秘伝 道家の房中術と回春食〉という特集を組んだ。健康雑誌と性は切っても切れない関係なのだ。

※週刊ポスト2014年4月4・11日号

関連記事

トピックス