• TOP
  • 芸能
  • 杉良太郎の「密室演技指導」 22歳清純派女優が決意の告白

芸能

2014.05.13 07:00  NEWSポストセブン

杉良太郎の「密室演技指導」 22歳清純派女優が決意の告白

「相沢……お前、塾長のことが好きか?」。耳元でささやく。「お芝居でも好きっていうことはあるだろ? さあ俺を好きだっていってみろ」

(これは本当に稽古なの……)うずまく不安に、うまく声を出ずにいると、突然杉は彼女の口に自分の唇を重ねた。相沢の閉じた唇を、杉が舐めまわす。

「密室に二人。もし叫んだとしても誰にも声は届かず、杉さんの怒りを買うだけかもしれない。どうしようどうしよう、と。そうこう思ううちに杉さんの舌が力ずくで入ってきて……閉じた歯の間を、舌で押してくる。ちょっとすると、動きを止め、一瞬、私の目を見つめて。それから、また舌を入れようとする。10回以上は……されていたと思います」(相沢)

 突然、ニコっと笑うと、杉は相沢を強く抱きしめ、背中をポンポンと叩き、身体を離した――。

 相沢の告発について、ベトナム特別大使の公務でベトナムに滞在中の杉に電話で話を聞いた。

「僕は、名優を一人でも世の中に残したいという気持ちが強く、最後の奉仕と思って杉塾を行なっていました。誰に対しても厳しいですが、まぁ、その(相沢への行為)部分だけを捉えると、杉は一般常識から逸脱していると思われるかもしれません。ただ、経験したことのない役をやっていくには、自分をさらけだし、のたうちまわって、その中から怖いものがなくなって、どんな仕事も堂々とやっていけるようになる。

 本当は彼女(相沢)もあのままいけば本格派女優になっていたと思いますよ。こういう記事で、あんまりにも幼いというか、自分で自分を傷つけないほうがいいのにね。私は彼女が考えているような演技指導はしてないですからね」

 低く通る声で杉良太郎は滔々と語ったが……。

※週刊ポスト2014年5月23日号

関連記事

トピックス