• TOP
  • ビジネス
  • 中年男性の「美容への関心」倍増 ユニセックス商品が増加か

ビジネス

2014.05.24 16:00  NEWSポストセブン

中年男性の「美容への関心」倍増 ユニセックス商品が増加か

 美容やコスメの話題はかつて女性だけのものだったが、今では男性も関心が「ある」と答える時代になった。20代では65.3%、30代は64.3%、40代が64.9%、50代でも57.9%もの人が美容に関心が「ある」または「少しある」と回答している。2年前の調査と比べると40代で関心が「ある」と積極的な回答をしている人が16.5%から30.2%へと大きく伸びているのが特徴的だ(生活トレンド研究所調べ)。

 男性美容研究家で美容コンサルタントの藤村岳さんは、東京ビッグサイトで開催された美容業界関係者向けの見本市、ビューティーワールドジャパンのセミナーでこの調査結果を示しながら「2年前の調査結果をみたときは、男性による美容への関心は世代間で格差があると分析していました。今では年代格差が崩れているようで、よい傾向ですね」と述べた。

 同セミナーで藤村さんは、男性が美容に関心があると回答できるようになったのは、人々の生活の仕方が大きく変わったからだとしてその背景の解説を続けた。

「忙しさが美徳の時代は終わりました。たとえば、ヒゲは男らしさを象徴するものですが伸ばすとなると手入れが必要です。そのため、忙しく働くことがもっとも尊ばれた高度成長期にさっさと深剃りして手入れ時間を短縮するのが当たり前になりました。最近はヒゲを整える男性が増えましたが、手間をかけることがムダと思われなくなったからです」(前出・藤村さん)

 そして、男女問わず人からどう見られるかが重要になり、身だしなみを整えることが当たり前になったいま、ファッションに比べて美容は費用対効果が高いことも男性が美容への関心を高めている理由のひとつとしてあげられる。

「洋服などのファッションを中心に身だしなみを整えようとすると、数万円するシャツや何十万円もするスーツなど、あわせると大変な金額になります。しかし、美容関連でしたら数千円の洗顔料で効果が得られることも。インターネットが発達したおかげで男性が気になる情報を探しやすくなり、美容や肌ケアが身近なものになりました。そして、今まで無関心層だった男性も美容の必要性に気づき始めています」(前出・藤村さん)

関連記事

トピックス