芸能

新ユニットでデビューの神田沙也加 ギタリストと合鍵デート

 映画『アナと雪の女王』の日本語吹き替え版でヒロイン・アナ役を見事に演じた神田沙也加(27才)にロマンスが発覚した──。

 6月25日に男女2人組の新ユニット『TRUSTRICK』としてメジャーデビューする沙也加は、現在デビューに向けてギタリスト・Billy(33才)とともにプロモーション活動を精力的に行っている。相棒となるBillyは2006年から元WANDSのボーカル・上杉昇(42才)が率いたバンド『猫騙』のギタリストとして活動した実力派で、倖田來未(31才)のサポートメンバーを務めた経験もある。

 そんな沙也加に関するある情報を入手したのは5月下旬のことだった。

「沙也加ちゃんは『TRUSTRICK』のパートナーのBillyくんと真剣につきあっているんです」

 6月上旬の夜8時前、仕事を終え都内のレコード会社から出てきた沙也加とBilly。沙也加はフリルのトップスに、黄色のブルゾンを重ね、デニム地のショートパンツ姿。一方のBillyはグレーの薄手のニットに白デニムだった。そしてふたりを乗せた車は渋谷109へ。

 109の中で、ふたりは沙也加の女友達と合流。彼女にBillyのことを紹介しているようだった。しばらく3人で談笑した後、沙也加は友達と女2人でショッピングに繰り出し、Billyとは別れた。な~んだ、やっぱりガセネタか…なんて思ったが、Billyを追跡すると思わぬ展開を見せる。

 彼は再び車に乗り込み、渋谷を後にする。そして向かった先は、自宅ではなく、都心から少し離れた沙也加がひとり暮らしをするマンションだった。慣れた手つきで裏口からマンション内へと消えていったのだ。このとき、まだ沙也加は友達とショッピングに夢中で、家には不在。つまり彼は合鍵を使って中へと入ったのだった。

 そして2時間ほどが経ったころ、沙也加も帰宅。そのまま、彼は彼女の部屋で一夜を過ごした。沙也加の知人がこう話す。

「沙也加ちゃんがユニットを組むと決まったとき、ギタリストのオーディションを行ったんですが、Billyくんは、彼女が会った瞬間、“この人がいい!”って即決した人なんです。最初は沙也加ちゃんが“ギター教えて”なんてつきまとっている感じだったらしいんですけど、次第に一緒にいる時間も多くなって、彼も好きになって、今では沙也加ちゃんの家に入り浸りみたいですよ」

 沙也加の所属事務所にお泊まりについて話を聞くと、「この日は打ち合わせのため、スタッフも一緒でした」とのことだが、翌日、夕方4時過ぎにマンションから姿を見せたふたりの様子は、カップルそのものだった。

 ちなみに、この日は久しぶりのオフだったようで、沙也加もBillyも前日とは違うラフなスタイル。ふたりの左手の薬指にはお揃いのペアリングが光っている。終始笑顔を浮かべながら、街を並んで歩くふたり。ときおり沙也加がおどけて彼をポンと叩いてみたり、ハイタッチしたりとラブラブな雰囲気だった。

 途中ユニクロに立ち寄り、お互いに洋服を選ぶ。「これ、どうかな?」なんて尋ねる彼女をBillyは嬉しそうな表情を浮かべて見つめていた。そして近くのステーキショップで夕飯を済ませると、再びふたりは沙也加のマンションへと帰っていった。

※女性セブン2014年6月19日号

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト