芸能

新ユニットでデビューの神田沙也加 ギタリストと合鍵デート

 映画『アナと雪の女王』の日本語吹き替え版でヒロイン・アナ役を見事に演じた神田沙也加(27才)にロマンスが発覚した──。

 6月25日に男女2人組の新ユニット『TRUSTRICK』としてメジャーデビューする沙也加は、現在デビューに向けてギタリスト・Billy(33才)とともにプロモーション活動を精力的に行っている。相棒となるBillyは2006年から元WANDSのボーカル・上杉昇(42才)が率いたバンド『猫騙』のギタリストとして活動した実力派で、倖田來未(31才)のサポートメンバーを務めた経験もある。

 そんな沙也加に関するある情報を入手したのは5月下旬のことだった。

「沙也加ちゃんは『TRUSTRICK』のパートナーのBillyくんと真剣につきあっているんです」

 6月上旬の夜8時前、仕事を終え都内のレコード会社から出てきた沙也加とBilly。沙也加はフリルのトップスに、黄色のブルゾンを重ね、デニム地のショートパンツ姿。一方のBillyはグレーの薄手のニットに白デニムだった。そしてふたりを乗せた車は渋谷109へ。

 109の中で、ふたりは沙也加の女友達と合流。彼女にBillyのことを紹介しているようだった。しばらく3人で談笑した後、沙也加は友達と女2人でショッピングに繰り出し、Billyとは別れた。な~んだ、やっぱりガセネタか…なんて思ったが、Billyを追跡すると思わぬ展開を見せる。

 彼は再び車に乗り込み、渋谷を後にする。そして向かった先は、自宅ではなく、都心から少し離れた沙也加がひとり暮らしをするマンションだった。慣れた手つきで裏口からマンション内へと消えていったのだ。このとき、まだ沙也加は友達とショッピングに夢中で、家には不在。つまり彼は合鍵を使って中へと入ったのだった。

 そして2時間ほどが経ったころ、沙也加も帰宅。そのまま、彼は彼女の部屋で一夜を過ごした。沙也加の知人がこう話す。

「沙也加ちゃんがユニットを組むと決まったとき、ギタリストのオーディションを行ったんですが、Billyくんは、彼女が会った瞬間、“この人がいい!”って即決した人なんです。最初は沙也加ちゃんが“ギター教えて”なんてつきまとっている感じだったらしいんですけど、次第に一緒にいる時間も多くなって、彼も好きになって、今では沙也加ちゃんの家に入り浸りみたいですよ」

 沙也加の所属事務所にお泊まりについて話を聞くと、「この日は打ち合わせのため、スタッフも一緒でした」とのことだが、翌日、夕方4時過ぎにマンションから姿を見せたふたりの様子は、カップルそのものだった。

 ちなみに、この日は久しぶりのオフだったようで、沙也加もBillyも前日とは違うラフなスタイル。ふたりの左手の薬指にはお揃いのペアリングが光っている。終始笑顔を浮かべながら、街を並んで歩くふたり。ときおり沙也加がおどけて彼をポンと叩いてみたり、ハイタッチしたりとラブラブな雰囲気だった。

 途中ユニクロに立ち寄り、お互いに洋服を選ぶ。「これ、どうかな?」なんて尋ねる彼女をBillyは嬉しそうな表情を浮かべて見つめていた。そして近くのステーキショップで夕飯を済ませると、再びふたりは沙也加のマンションへと帰っていった。

※女性セブン2014年6月19日号

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン