特集

最新特集記事のRSS

福岡大学医学部 女性の「潮」が尿とは異なることを裏付けた

2014.06.09 15:59

 男たちが居酒屋でする定番の下ネタが「潮吹き」にまつわるものだ。  この魅惑の液体について、世界中の男たちが議論を闘わせてきたはずだが、医学界ではすでに結論が出ていると言っていい。  医学界で最初に「潮吹き現象」に言及したのは、ドイツ人医師

 男たちが居酒屋でする定番の下ネタが「潮吹き」にまつわるものだ。

 この魅惑の液体について、世界中の男たちが議論を闘わせてきたはずだが、医学界ではすでに結論が出ていると言っていい。

 医学界で最初に「潮吹き現象」に言及したのは、ドイツ人医師のエルンスト・グレーフェンベルク。彼はGスポットの発見者として名高く、「Gスポットを刺激すると“ある液体”が膣口周囲から飛び散る現象」として医学界に公表した。

 以来、愛液がほとばしったとする「愛液説」、膣ではなく尿道から出るとする「尿失禁説」など、潮吹きのメカニズムには諸説が唱えられてきた。最新研究では「女性の射精説」。

 倉敷成人病センター泌尿器科の佐古智子医師が説明する。

「現在では潮は尿道から射出することが判明しており、『愛液説』は退けられています。しかも、潮は尿道から出る液にもかかわらず、尿とは成分が異なるという報告があります」

 2007年には、福岡大学医学部法医学教室が、潮は尿道から噴出することを確認しつつ、液が尿とは異なることを裏付けた。

「潮はサラサラで無臭。成分分析では、潮に尿の成分は混ざっているものの、尿そのものではなく、むしろ汗に近いと考えられる。このことから、無臭でほぼ無色の体液が尿道口から噴射したのが潮である」

 佐古医師は、この「尿ではなく汗に近い液体」の実態を説明してくれた。

「女性にも男性の前立腺に相当する組織があり、そこから分泌された液が、男性の射精に近い形で放出される可能性があります」

 潮からは、男性の前立腺から分泌する液と同じ酵素が発見されていることから、「女性前立腺(スキーン腺)=潮」という説が述べられるに至った。佐古医師がさらに言及する。

「女性には男性の精のような器官がなく、液体を溜められません。潮は物理的な性的刺激を受けた際に多量に産出され、蓄積されることなくそのまま射出されると理解すべきでしょう」

※週刊ポスト2014年6月20日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP