• TOP
  • 特集
  • 初体験が微妙だった女子大生 「捧げたのはどっち?」と苦悩

特集

2014.07.06 15:59  週刊ポスト

初体験が微妙だった女子大生 「捧げたのはどっち?」と苦悩

 恋愛問題に詳しいカウンセラー・マキはメールで女性の恋愛相談に応じていたが、いつしか「相談」とは名ばかりの赤裸々な告白が全国から送られてくるようになった。今回は喪失18歳。人数は2人になるの? 七夕の夜は彼と過ごす予定の19歳の大学生の女性からの相談だ。

 * * *
 昨年、処女を捨てることができました。でも、事情が複雑なんです。というのも、彼のアレが入り口にほんの少し入ってきた瞬間、痛くて泣きわめいちゃったんです。その様子に彼がドン引き。それで結局、何もせずに終わり、今度はSNSで知り合ったサラリーマンと再チャレンジ。

 その人がいうには、私って中がすっごく狭いらしいです。そのときも泣き叫びましたが、その人は気にもしないで強引に腰を動かし、自分でもゴリッと膜が破れた感覚がありました。こうなると、私の場合、彼とサラリーマンのどっちに処女を捧げたことになるのでしょうか。

【マキの診断】
 心は彼に捧げたと思っておきましょう。

※週刊ポスト2014年7月11日号

関連記事

トピックス