芸能

水卜アナ「ぽっちゃりイジり」に耐え切れず収録後に大号泣

 現在、人気ナンバーワン女子アナの座に君臨しているのが、ぽっちゃりキャラが魅力の日本テレビ・水卜麻美アナ(27才)だ。6月28日に放送された織田裕二(46才)主演のスペシャルドラマ『奇跡の教室』ではついに“女優”として出演、そして、この夏、同局の看板番組『24時間テレビ』の総合司会にも初挑戦する。

 もはや女子アナの枠を超えた大活躍を見せる彼女だけに、わが世の春を謳歌していることだろうと思ったが、実際にはそうでもないようだ。それを物語る事件が6月17日に放送された『幸せ!ボンビーガール』で起こっていた。

 この日の放送では、《ボンビー食材をミシュランシェフが大変身 シンデレラレシピ》という水トちゃんの新企画がスタート。この企画は、一般のスーパーで売っている格安食材を、水トちゃんがミシュランガイドで星を獲得するレストランに行き、そこで一流シェフからレシピを習い、実際にスタジオで調理して出演者に食べてもらうというもの。

 記念すべき第1回目は、100g 67円の鶏むね肉で作るインパナータというイタリア料理。どこかぎこちない手つきながらも、見事に料理を完成させた水トちゃんに、司会のTOKIO・山口達也(42才)は「これむね肉? ホントにうまい」と絶賛、共演者の森泉(31才)や劇団ひとり(37才)からもお褒めの言葉が…。

 すると水トちゃんの目には涙がキラリと光る。これには劇団ひとりから「えっ!? 泣くほどのこと?」とツッコミが入るが、彼女は「うまくできるか心配だった」と説明して、番組は終了した。この水トちゃんの涙について、番組ADがこう明かす。

「放送上は嬉しくて泣いたということになっていますが、実際には収録中に何度も大泣きしたそうです。オンエアで使えないほどの号泣で、番組スタッフは困っていましたよ(苦笑)」

 収録中は決して本音を明かさなかった水トちゃんだが、収録後、スタッフに涙の理由を聞かれると、再び大号泣しながら、苦しい胸の内を語ったという。

「実はレストランで料理を教わる収録のときに、初対面にもかかわらず、シェフから“ぽっちゃりしてるね?”“すごいムッチリだね?”とか“腕が太いから料理できないんじゃないの?”とイジられたことを引きずっていて、それを思い出して泣いてしまったみたいなんです」(前出・番組AD)

 一度、決壊した涙腺は、なかなか止まることがなく、水トちゃんは、現在の仕事への不安まで吐露し始めた。

「水トちゃんは“そもそも女優なんて、私には無理なんです。朝から収録が何本も立て続いていて、それで女優の仕事まで…。プレッシャーがあまりに大きすぎるんです…”なんて漏らしていたそうです。普段は、絶対にへこたれたりしない彼女が、そこまで言うのですから、かなり精神的に追い込まれていたんでしょうね」(前出・番組AD)

※女性セブン2014年7月24日号

関連記事

トピックス

東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
NEWSポストセブン
輝きを取り戻せるか(写真/共同通信社)
打撃不振の阪神・佐藤輝明のパワーはどこに消えたのか 囁かれる「第2の高山俊」の声
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
「女子アナブームの時は週刊誌にすごい撮られました」と振り返る元フジテレビ・中村仁美アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#3】週刊誌に撮られたときの局内反応の違い
週刊ポスト
南野陽子が20年前に撮り下ろしていた秘蔵セクシーグラビア
南野陽子、20年前の秘蔵グラビア公開 「2002年のまぶしすぎるナンノ」
週刊ポスト
紅白歌合戦に揃って出場した松田聖子と沙也加さん(2011年12月撮影)
聖子と明菜の出場あるか、打ち切り説ある紅白の目玉に? 聖子は沙也加さんと“共演”の可能性も
NEWSポストセブン
8月8日の誕生日当日にバースデーイベントを行った逢田(写真/五十嵐美弥)
声優・逢田梨香子、バースデーイベント成功で明かした「30歳の抱負」
NEWSポストセブン
高校野球中継に放映権料がない問題をどう考えるか(阪神甲子園球場)
高校野球「放映権無料」の是非 甲子園出場校は寄付金集めに四苦八苦の現実
NEWSポストセブン
初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン