芸能

水卜アナ「ぽっちゃりイジり」に耐え切れず収録後に大号泣

 現在、人気ナンバーワン女子アナの座に君臨しているのが、ぽっちゃりキャラが魅力の日本テレビ・水卜麻美アナ(27才)だ。6月28日に放送された織田裕二(46才)主演のスペシャルドラマ『奇跡の教室』ではついに“女優”として出演、そして、この夏、同局の看板番組『24時間テレビ』の総合司会にも初挑戦する。

 もはや女子アナの枠を超えた大活躍を見せる彼女だけに、わが世の春を謳歌していることだろうと思ったが、実際にはそうでもないようだ。それを物語る事件が6月17日に放送された『幸せ!ボンビーガール』で起こっていた。

 この日の放送では、《ボンビー食材をミシュランシェフが大変身 シンデレラレシピ》という水トちゃんの新企画がスタート。この企画は、一般のスーパーで売っている格安食材を、水トちゃんがミシュランガイドで星を獲得するレストランに行き、そこで一流シェフからレシピを習い、実際にスタジオで調理して出演者に食べてもらうというもの。

 記念すべき第1回目は、100g 67円の鶏むね肉で作るインパナータというイタリア料理。どこかぎこちない手つきながらも、見事に料理を完成させた水トちゃんに、司会のTOKIO・山口達也(42才)は「これむね肉? ホントにうまい」と絶賛、共演者の森泉(31才)や劇団ひとり(37才)からもお褒めの言葉が…。

 すると水トちゃんの目には涙がキラリと光る。これには劇団ひとりから「えっ!? 泣くほどのこと?」とツッコミが入るが、彼女は「うまくできるか心配だった」と説明して、番組は終了した。この水トちゃんの涙について、番組ADがこう明かす。

「放送上は嬉しくて泣いたということになっていますが、実際には収録中に何度も大泣きしたそうです。オンエアで使えないほどの号泣で、番組スタッフは困っていましたよ(苦笑)」

 収録中は決して本音を明かさなかった水トちゃんだが、収録後、スタッフに涙の理由を聞かれると、再び大号泣しながら、苦しい胸の内を語ったという。

「実はレストランで料理を教わる収録のときに、初対面にもかかわらず、シェフから“ぽっちゃりしてるね?”“すごいムッチリだね?”とか“腕が太いから料理できないんじゃないの?”とイジられたことを引きずっていて、それを思い出して泣いてしまったみたいなんです」(前出・番組AD)

 一度、決壊した涙腺は、なかなか止まることがなく、水トちゃんは、現在の仕事への不安まで吐露し始めた。

「水トちゃんは“そもそも女優なんて、私には無理なんです。朝から収録が何本も立て続いていて、それで女優の仕事まで…。プレッシャーがあまりに大きすぎるんです…”なんて漏らしていたそうです。普段は、絶対にへこたれたりしない彼女が、そこまで言うのですから、かなり精神的に追い込まれていたんでしょうね」(前出・番組AD)

※女性セブン2014年7月24日号

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン