特集

NHK教育が少年への性指南放映する姿勢に専門家が評価与える

 みなさまのNHK、しかも子供向けの番組でこんな“教育的指導”が紹介された。「亀頭部への強い刺激に慣れてしまうと、強い刺激でしか勃起できなかったり、女性の膣内で射精できなくなったりするので注意。オナニーは手でしましょう」

 正しいオナニーのやり方がゴールデンタイムで全国の視聴者に伝えられたのは、7月17日に放送されたNHK教育テレビ『オトナへのトビラTV』(毎週木曜19時25分~)でのことだ。

 番組のコンセプトは10代が抱える悩みの解決。この日のテーマは<イマドキ ドキドキ“性のはなし”>で、ある視聴者からこんな悩みが寄せられた。

「僕は高校3年生です。小学生の頃から床にこすりつけてオナニーをしていましたが、これってヤバいことですか?」

「高校生の床オナニー告白」という質問に、NHKは真正面から回答した。

 出演していた泌尿器科医の岩室紳也氏は「オナニーは手でしましょう」という説明に加え、「これからは弱い刺激のオナニーに慣れていきましょうね!」とアドバイスを送ったのだった。

 視聴者は戸惑ったようだ。ネットの掲示板には<NHKがやるべき話題か?><年頃の女の子がいるのに困った><なぜ食事時に? 家族が凍り付いた>と次々に書き込まれた。

 一方、専門家からはよい指摘だったと評価する声が上がった。

「床や布団に性器を押しつけてマスタベーションする人は少なからずいるが、特に性の知識に未熟な子供にその傾向が強い。

 NHKの指摘の通り、男性がそれを続けていると、膣内射精障害に陥ることもある。そうした警鐘が未成年を対象にしたNHK教育番組で取り上げられた意義は大きい」(日本家族計画協会クリニック所長・北村邦夫氏)

 NHKで「オナニー講座」が始まる日も近い?

※週刊ポスト2014年8月8日

関連キーワード

関連記事

トピックス