• TOP
  • 特集
  • TENGA社 新開発の「iroha FIT」で新たな快楽世界を切り拓く

特集

2014.08.07 15:59  週刊ポスト

TENGA社 新開発の「iroha FIT」で新たな快楽世界を切り拓く

TENGA社の革命的新製品「iroha FIT」

 ラブグッズメーカーTENGAが初の女性用製品「iroha」を発売し、女性のオナニーに革命をもたらしたのが昨年3月。その後、普及版ともいえる「iroha mini」が昨年12月に発売され、女性は肌のケアをするのと同じように自然に性のケアをできるようになった。いずれも、振動する本体を女性器にあてがうタイプの製品だった。

 そして8月7日、TENGAは「挿入型」の新製品を世に送り出した。その名も「iroha FIT(イロハ・フィット)」。黄色の「MIKAZUKI」と水色の「MINAMOZUKI」の2種類は、形状こそ先代とは似ていないが、その技術はいたるところに生かされている。

 これまで挿入型のバイブといえば、男性器を模して先端が太く、威圧感のあるデザインがほとんどだったが、FITは先端が細くなっている。これはirohaシリーズを手がける女性開発部員たちが何度も試用しながらたどり着いた合理的な形状だ。

 触感はirohaのようにモチモチとした柔らかさ。しかも上下にしなるため、体にやさしくなじむ。振動はパワフルさを保ちつつも、これまで以上の静音性を備えている。

 「ラブグッズ界のアップル」を標榜するTENGAが、新たな快楽の世界を切り拓いた。

※週刊ポスト2014年8月15・22日号

関連記事

トピックス