• TOP
  • 特集
  • 女性の秘密アイテムはお風呂のシャワー 水道料金に驚く人も

特集

2014.08.24 15:59  週刊ポスト

女性の秘密アイテムはお風呂のシャワー 水道料金に驚く人も

 男の下ネタトークで最も盛り上がるのがオナニーの話だが、女性のオナニー話はタブー扱いになることが多い。そこで本誌はインターネット調査会社の協力のもと、日本人女性1000人に自慰行為についてアンケートを実施した。

 今回のアンケートに答えてくれたのは、北海道から沖縄まで日本全国に住む女性1000人。そのうち、既婚者の比率は約65%で、子供がいる女性が全体の6割弱を占める。年齢層は20歳から82歳までと幅広く、平均年齢は44.6歳だった。

 昨今はバイブやローターなど女性向けのラブグッズが多彩になってきているが、アンケートでは81.7%の女性が道具を使わず、指だけで愉しんでいると回答した。

「指派の人は、クリトリスを優しく押しつぶすようにマッサージしていきます。直接触るか、下着の上から触るかについては、好みが分かれます。空いた手でバストを触るという人も多くいます」(漫画家の三ツ矢ナミコさん)

 道具を使う人では、クリトリスにあてがうローター派が12.1%、挿入するバイブ派が2.3%だ。

「女性もサクッとイキたい時はあります。そのために、オモチャを上手に利用する上級者もいます。一方で、女性はまったり自分を焦らしたい夜もあります。そんな時は、『どんな映像を見ようかな』『何を妄想しようかな』『どんなオモチャにしようかな』『それとも指だけにしようかな』とあれこれ考えるのも楽しんでいるんです」(バイブ評論家の桃子さん)

「その他」にはシャワー派が多い。

「小学校3年生くらいの時に一緒にお風呂に入った従姉に『シャワーを当てると気持ちいいよ』と教わって、やってみたら本当に気持ちがよかった。それ以来、毎日するようになりました。当時は、それがオナニーだとは知りませんでした」と東京都の31歳がいえば、千葉県の29歳も、「中学生の頃にたまたまシャワーがアソコに当たって目覚めてしまって、それ以来ずっとシャワー派です。大学生になって一人暮らしをした時に、あまりにもシャワーでたくさんしすぎて、水道料金が高くなってびっくりしたことがあります」という。

 なかには「掃除ワイパーの柄を使う」(東京都・49歳)という主婦ならではのアイデアを挙げた人もいた。

※週刊ポスト2014年8月29日号

関連記事

トピックス