• TOP
  • ライフ
  • シニア街コン 「地域振興型」と「婚活型」の2つの潮流あり

ライフ

2014.08.30 07:00  週刊ポスト

シニア街コン 「地域振興型」と「婚活型」の2つの潮流あり

 高齢者の中でも、企業がターゲットとして注目するのが「アクティブシニア」と呼ばれる層だ。いわゆる団塊の世代(1947~1949年生まれ)で健康な人のことを指し、趣味や娯楽のために積極的に消費を行なう傾向がある。
 
 この巨大市場を狙って、様々な試みが展開されるなかで誕生したのが「シニア街コン」だ。リタイア後の「第2の人生」に向けて新たな出会いを求める中高年のニーズをくみ取り、全国各地で様々な試みが繰り広げられている。
 
「シニア街コン」には大きく2つの潮流がある。ひとつは、地方の自治体や団体・企業などが主催する「地域振興型」だ。このタイプの特徴は「異性のパートナー探し」を主眼としていないこと。地元の高齢者が孤立してしまうことを防ぐために交流の場を提供する、いわゆる「地域デビュー」を後押ししようという意味合いが大きい。そのため夫婦で参加可能というイベントが多い。
 
 もうひとつは、結婚相談所などが運営に関わる「婚活型」だ。こちらは参加資格が独身に限られ、年齢や年収などに条件が設けられるケースもある。「本気度」の高い参加者が多いため、異性との出会いをサポートする様々な工夫が凝らされている。
 
 前者の「地方振興型」の実例から特徴を見ていこう。まずは「足湯に浸かりながら会話を楽しむ」というコンセプトが斬新な「風呂コン」だ。埼玉県の越生町・ときがわ町にある3つの温泉施設が持ち回りで開催しており、今年3月4日で12回を数える恒例行事となっている。参加費は2600円、60歳以上の男女であれば参加できる(夫婦参加も可)。参加した65歳男性がいう。
 
「私が行ったときの参加者は20人ほどでした。男女比率は4対6くらい。男性は60代半ばの定年世代が多かったが、70代、80代の方もいましたね。一方、女性は60代前半の方が多かったです。リピーターも多いようで、ひとりに話しかけたらそれぞれの友人、知人を紹介し合う形で輪が広がっていきました」

関連記事

トピックス