ライフ

高野豆腐は生活習慣病リスク改善する可能性 1ヶ月15.5kg減も

 昨年2月に厚生労働省が発表した都道府県別の平均寿命で、はじめて男女とも1位となった長寿県・長野。その長野が全国総生産量の9割を誇るのが「こうや豆腐」だ。医療現場からも注目されている驚異の健康パワーとは?

 大豆100gから豆腐1~2丁(300~600g)が作られるのに対し、同量の大豆からできるこうや豆腐はたったの45g。大豆の栄養・植物性たんぱく質がギュッと凝縮されている。

「たんぱく質の消化吸収には、ビタミンB群を含むまぐろや鶏ささみといった食材を一緒に食べると効果的に摂取できます」(こうや豆腐普及委員会 技術部長・村澤久司さん)。

 さらに、こうや豆腐には優れた栄養素がぎっしり。

「たんぱく質やビタミンEは肌細胞などあらゆる細胞の原材料となるため、肌の調子も整いやすくなります。

 また、女性に不足しがちな鉄分や亜鉛も多く含まれているのです」(前出・村澤さん)

 生活習慣病が死因の過半数を占め、40~74才については男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドロームの該当者または予備軍といわれている現代(「厚生労働省調べ」より)。こうや豆腐普及委員会は、生活習慣病のリスクを改善する食材としてこうや豆腐を使った試験を行い、今年5月にその成果を発表した。

「1か月の摂食により善玉コレステロール(HDL)が上昇し、それに伴う動脈硬化指数がダウン。

 さらに、試験前に中性脂肪が高かった被験者(40名中9名)も数値が低下するなど、一部生活習慣病が軽減しました」(前出・村澤さん)。

「わが社のメタボ社員が、1日1枚こうや豆腐を実施したところ、1年半で15.5kgの減量に成功。健康診断の数値も改善されました」(こうや豆腐普及委員会 会長・登内英雄さん)。

 今後も健康にかかわる研究が予定されているこうや豆腐。今や健康食材の最前線にあるのだ。

※女性セブン2014年9月18日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン