• TOP
  • 特集
  • バスト敏感度調査 日常生活に支障をきたすほど敏感な女性も

特集

2014.09.25 15:59  週刊ポスト

バスト敏感度調査 日常生活に支障をきたすほど敏感な女性も

 このたび、女性1000人(20歳~69歳・全国)を対象に、「おっぱい」に関するアンケートを行なった。その結果、おっぱいへの愛撫だけでオーガズムを感じたことがある女性が27.7%いた。女性が絶頂を極めるのは、クリトリスやGスポットを刺激されたときだけというのは男の思い込みだ。
 
 どんな愛撫で達するのかを尋ねるとこんな回答が寄せられた。
 
「30分以上、乳首を指先で突いたり、乳輪を円周に沿って舐めたりして、たっぷり愛撫してくれました。それまではあまりおっぱいや乳首では感じなかった私がだんだん感じてきて……そのままイッてしまいました」(神奈川県・32歳)、「抑揚なく同じペースで淡々と触られているうちに、ゾクゾクして性感が高まってきます」(東京都・41歳)。
 
 日常生活に支障をきたすのではないかと心配になるくらい敏感な女性もいる。
 
「とくに乳首はかなり弱くて、満員電車で少しでも誰かの背中や肩が乳首に触れるだけで、あそこがグショグショになってしまうくらいです」(東京都・36歳)
 
 この女性ほどではないにしても、おっぱいへの愛撫には敏感な女性が多い。
 
「気持ちいいのと痛いのとは紙一重です。痛いのは止めてほしい」(千葉県・30歳)というように、男性の独りよがりの愛撫は女性の苦痛の種となりかねない。

※週刊ポスト2014年10月3日号

関連記事

トピックス