芸能

現在フリーの深田恭子 六本木のバーで新恋人募集の仰天宣言

「カウンターで“ねェ……だから誰かいいヒト紹介して”って甘い声を出している妙にカワイイ女がいると思ったら、深キョンだったから驚きました」

 そう話すのは東京・六本木のとある会員制バーで居合わせた男性客である。50代と覚しき男性と来店し、恋愛話に花を咲かせていたという。

「フリーになってしまったので新しい恋人が欲しいという話をしていたようでした」(居合わせた別の客)

 最近、深田恭子(31)の活躍ぶりは目をみはる。10月スタートの主演ドラマ『女はそれを許さない』(TBS)で弁護士役に扮すると、体にフィットしたスーツで大人のフェロモンをかもし出す姿が話題になった。

 放映中のポカリスエットのCMでは上半身ビキニの人魚姿で推定Eカップの胸の谷間を披露し、映画『超高速! 参勤交代』では縄で緊縛される女郎役を熱演、まさに七変化のお色気でファン層を広げている。それがプライベートでもいかんなく発揮されているようなのだ。

「今年3月に同棲が報じられていた年下俳優・五十嵐麻朝(29)と別れてイタリアンレストランを経営するイタリア人オーナーに乗り換えましたが、そのオーナーとも別れてしまった。最近の深田は肉食ぶりに拍車がかかっていて、まさに過去最高の恋愛モードに入っている」(事務所関係者)

 深キョンはこれまで幾度となく浮き名を流してきた。滝沢秀明、東山紀之、玉木宏、内田朝陽といった俳優陣から、くりぃむしちゅーの有田哲平、モノマネの清水良太郎、X JAPANのYOSHIKI、脚本家の野島伸司氏……。

「深キョンを満足させる男がいないのかモテすぎるのか、3か月に1回は男が変わる“1クール恋愛”が続いているようです。

 最近は六本木で男性と2人で酔っ払っていたという目撃談が相次いで入ってくる状況。事務所側としても頭を抱えていて、“どうせなら同じホリプロの後輩男性にしてくれ。名も知れない男と撮られるよりはマシだ”とこぼしているほど」(前出・事務所関係者)

 冒頭の男性は新恋人ではなかったようだが、このバーには度々訪れては酩酊しているという深キョン。妖艶な演技はプライベートの充実のたまものか。

※週刊ポスト2014年10月31日号

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン