• TOP
  • 特集
  • 女性にとって痛くなくただ気持ちいいのが「乳腺包み込み式」

特集

2014.11.25 15:59  週刊ポスト

女性にとって痛くなくただ気持ちいいのが「乳腺包み込み式」

 アダルトビデオ(AV)が広めた誤解を正し、本当のセックスを伝えるべく2人のカリスマがタッグを組んだ。講師・加藤鷹、プロデューサー・溜池ゴローのコンビが、ネット配信の動画講座「鷹ズアカデミー」を12月15日から開講するという。鷹氏の解説はたとえばこんな具合だ。

「乳房は乳腺を包み込むように揉むのがポイントになります。親指と人さし指でV字を作り、乳房の下の部分を挟みこみます。そうして人さし指、中指、薬指を中心にして、内側へ向けてやさしく揉んでいきます」

 乳腺は母乳をつくる器官で、乳首を頂点としてブドウの房のような組織が15~20ほど乳房の中に広がっている。鷹氏は乳房を揉みながら、脇の下から乳房に向かって10センチほど指を這わせた部分に潜む「副乳」に触れた。そこを指先で押された瞬間、パートナーを務める人気AV女優の大槻ひびきが切なそうに声をあげた。

 鷹氏の手と指は先ほどの「乳腺包み込み式」でも、この副乳ポイントを外していない。大槻は乳房を揉まれるうちに「乳首が立ってきちゃった」とはにかんだ。

「この揉み方だと乳房は大きく動いているのに、指にほとんど力が入っていない。女性は全然痛くないし、ひたすら気持ちいいんです」

※週刊ポスト2014年11月28日号

関連記事

トピックス