芸能

視聴率20%割れ『マッサン』 今後大きな展開起こると関係者

 実に「69週ぶり」の大台割れである。NHK朝ドラ『マッサン』第8週(11月17~22日放送)の週間平均視聴率が19.3%を記録し、放送開始後初めて20%を割り込んだ。朝ドラの20%割れは『あまちゃん』(2013年前期、放送第16週)以来である。

 第8週「絵に描いた」は、父・政志(前田吟)の危篤を知らせる電報を受け取った政春=マッサン(玉山鉄二)とエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)が実家の広島へ向かったが、それは母・早苗(泉ピン子)が政春を家に連れ戻すためのウソだった……という展開。

 実家の日本酒造りの手伝いやエリーの女中生活、姉・千加子(西田尚美)の出産などを通じて、マッサン夫婦の進むべき道が問われるという内容だった。

 ファンの間では、視聴率低下の原因をめぐる議論が過熱。「ピン子のイビリ芸がしんどくなってきた」「いつまでたってもウイスキー造りが始まらない」など、演出を不安視する声がネット上を飛び交った。

 朝ドラウォッチャーの田幸和歌子氏は、これまでの高視聴率を支えてきたのは国際結婚夫婦のギャップだと指摘する。

「エリーが異国の生活に慣れてどんどん“日本の奧さん”として成長しているのに対し、マッサンは相変わらずのダメ夫ぶり。視聴者のメインである主婦層は、自分の夫とマッサンの姿を重ね合わせながら、エリーに感情移入して楽しんでいるんです」

 たしかに、上手に炊けたご飯を食べてもらいたいエリーの気持ちに気づかなかったり(第3週)、困窮する夫婦を見かねて食べ物をおすそ分けしてくれる近所の人たちを追い返したり(第6週)するマッサンに不満を募らせて「ドアホ」と毒づくエリーの姿は笑いと涙を誘った(第8週はそうした要素が少なかった)。

 となると、今後の視聴率回復に向けてマッサンのさらなるダメっぷりに期待がかかるが、しばらくは「国際夫婦漫才」は鳴りを潜めそうだという。

「念願のウイスキー造りが本格的に動き出すと同時に、マッサン夫婦の将来にかかわる大きな出来事が起きます。それを夫婦がどうやって乗り越えていくのかが今後の見どころです」(NHK関係者)

 視聴率の逆境をどう乗り越えるか。

※週刊ポスト2014年12月12日号

関連記事

トピックス

中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
NHK退職が明らかになった武田真一アナ
NHK武田真一アナ起用報道で南キャン・山里亮太の損得勘定 スッキリ後番組への期待と不安
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン