芸能

元ヤクザ雑誌編集長が選んだ「等身大のやくざ」を描いた映画

 高倉健さん、菅原文太さんという2人の名優が亡くなったことで、やくざ映画に脚光が集まっている。男たちが愛した「やくざ映画」の熱き魅力とは何か──。ヤクザ雑誌の編集長を務めた後、フリーのジャーナリストになった鈴木智彦氏が選んだ、やくざ映画BEST5は、以下のとおり。

■『シャブ極道』(1996年/大映)
■『仁義なき戦い 頂上作戦』(1974年/東映)
■『博徒七人』(1966年/東映)
■『博奕打ち いのち札』(1971年/東映)
■『昭和残侠伝』(1965年/東映)

 その中で、『シャブ極道』は、覚醒剤描写の多さから成人指定されたことで注目を集めたやくざ映画だ。鈴木氏が語る。

「これほど等身大のやくざを描いた映画はない。よく国盗り合戦だとか組織トップへの道が描かれるけれど、普通のやくざはそんな大それたことは考えず、好きなことしかやらない。

 役所広司演じるシャブ大好きの主人公が、冒頭から女の裸の横でスイカに覚醒剤をかけて美味そうに食ったり、『ゴマだれはあかんぞ』なんていいながらシャブかけてしゃぶしゃぶを食らう。後半は思い込みが酷く、ヤク中扱いされて周囲に煙たがられるのもご愛敬。“所詮やくざ”感が漂っているのがいい」

 また、『仁義なき戦い 頂上作戦』はシリーズ4作目。西日本を二分する2大組織の抗争で、その最前線で山守組と打本会が激突する。鈴木氏がその魅力を解説する。

「抗争にケツを捲る打本(加藤武)、浪費を重ねて遊びほうける山守(金子信雄)という、相対する親分ふたりが最高にだらしない。でも実は現実でも大方のやくざはみんな親分に困っている。強い人は早々に殺されるし、聡明な人はさっさと辞めていくのがやくざ社会。

 そんなやくざの現実的な苦悩が描かれている。小林旭演じる武田が『広島極道はイモかもしれんが旅の風下に立ったことはいっぺんもないんで』と啖呵を切るシーンが見物」

■すずき・ともひこ/1966年、北海道生まれ。ヤクザ雑誌の編集長を務めた後、フリーライターに転身。アウトロー取材を中心に活躍している。著書に『潜入ルポ ヤクザの修羅場』(文藝春秋)など。

※週刊ポスト2014年12月12日号

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
三谷
『鎌倉殿の13人』は大河ドラマを変えた、『仁義なき戦い』がヤクザ映画を変えたように
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
「申し訳ない」と会見で述べた鈴木俊一財務大臣。写真は2022年10月、G20開催時(時事通信フォト)
財務省の自賠責積立金6000億円踏み倒し問題 賦課金150円値上げに「奢り」が見える
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン