• TOP
  • 芸能
  • 特撮OB俳優にブレイクの法則 福士蒼汰、千葉雄大に続くのは

芸能

2014.12.20 07:00  NEWSポストセブン

特撮OB俳優にブレイクの法則 福士蒼汰、千葉雄大に続くのは

 綾瀬はるか主演のドラマ「きょうは会社休みます。」が好評のうちに最終回を迎えた。このドラマが女性を中心に人気を集めたのはヒロインへの共感もあるが、年下の恋人を演じた福士蒼汰の魅力も大きい。そして、話数を重ねるごとに女性視聴者の間で人気が急上昇したのは、ゆとり世代の新人営業を演じた千葉雄大だ。福士も千葉も特撮ヒーロー出身。彼らがブレイクしたのは、一定の法則にのっとったからだとファンの間では言われている。

 その法則とは、ヒーローだったとき、もし同じクラスだったら友だちになるのを敬遠するような極端なキャラクターを演じ、完璧なコスプレのようなヒーローだったほど、直後にブレイクしやすい傾向があるというもの。

「福士君は『仮面ライダーフォーゼ』(2011年)で主役の如月弦太朗を演じていましたが、見た目も中身もびっくりするキャラでした。子ども向け番組は極端なキャラクターが多いと思われるかもしれませんが、最近は内向的で隣にいそうな普通の子という設定もよくあります。でも、福士君の場合は『あまちゃん』に種市センパイ役として登場したとき、同じ人に見えなかったほど違っていた。子どもはフォーゼの弦太朗だとわからなかったようです」(30代主婦)

 福士蒼汰が演じた『仮面ライダーフォーゼ』での如月弦太朗は、リーゼントに短ラン、薄く潰した学生カバンを持ち、まるで20年前からタイムスリップした不良のようないでたちだった。そして、ことあるごとに『学園の生徒全員と友だちになる男』だと宣言する暑苦しい男子高校生として一年間、仮面ライダーに変身し続けていたのだ。

 千葉雄大は、福士蒼汰の弦太朗に比べるとアクの強さは劣るが、『天装戦隊ゴセイジャー』(2010年)であり得ないほど楽天的で前向きなリーダー役だった。『とにかくやってみる』を口癖に、直情的な行動が周りを巻き込んでいくストーリーの推進役だった。「きょうは~」で演じたゆとり新人役のように、気に入らないことがあっても頬を膨らませるようなことはない。

 前述の二人だけでなく、最近の特撮ヒーロー出身で活躍する若手俳優には、極端なキャラクターを演じていたケースが少なくない。

関連記事

トピックス