芸能

第1子誕生の浅尾美和「ママタレで生き残るのは難しい」の評

 小麦色の肌で砂浜を躍動した「ビーチの妖精」が母親になった。12月16日、元ビーチバレー選手の浅尾美和(28)に待望の第1子が誕生し、自身のブログで〈出産という自分の人生にとってとても大きな出来事に想う事が多く、うまく文章にできません〉とファンに喜びを報告した。

 浅尾は2012年末に現役を引退し、翌2013年4月に結婚を発表。東京で美容師をしていたバレーボール経験者の30代の夫とは浅尾が21歳の時に知り合い、25歳頃から交際に発展したという。

 夫は結婚を機に独立し、名古屋近郊で美容室を開業して、浅尾も生活の拠点を移した。2014年2月に名古屋市内のホテルで挙げた結婚披露宴の模様はレギュラー出演する中京テレビの番組内で放送された。

「アスリート」と「妻」という肩書きに加えて、これからは「母」の役割を担う浅尾だが、全国区の人気を博した現役時代に比べたら、「アスリート」としての仕事ぶりはかなり地味な印象だ。

「現役時代は愛くるしい美貌と抜群のスタイルで多くのファンを獲得しましたが、オリンピックに出場したわけでもなく、国内で圧倒的な強さを誇ったわけでもない。

 アスリートとしての実績は決して一流ではなかったので、スポーツ全般のレポーターを務めるには力不足だった。かといってトークが得意なタイプでもないので、バラエティ番組向きとはいえなかった」(テレビ局社員)

 引退時に所属事務所は「スポーツレポーターなどの仕事はサブで、子供教室を開くなどあくまでビーチバレーの仕事がメイン」と今後の方向性を語っていたが、現在はタレント活動がメインといっていいだろう。

 地方でのイベントに出演することも多く、2013年8月には競艇場での1回15分のトークショーのギャラが200万円だったと『週刊新潮』に報じられた。その方向では最近流行の「ママタレント」という道も開けるが、人気のジャンルだけに競争は激しい。

「辻希美や小倉優子、木下優樹菜、藤本美貴など、ママタレ枠にはアイドルやグラビア出身のタレントがひしめいている。

 ママタレとして活躍できるのは、主婦の共感を得られる親しみやすさと、憧れられる存在感を兼ね備えたほんの一握り。ママタレとして生き残るのは至難の業です」(広告代理店社員)

 ビーチバレー選手としては手に入れられなかったトップの座を、ママタレとして手に入れる戦いが始まった。

※週刊ポスト2015年1月1・9日号

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン