• TOP
  • 特集
  • 卒論で「遊郭」を調べた女子学生 古い文献で秘技学び即実践

特集

2015.02.11 15:59  週刊ポスト

卒論で「遊郭」を調べた女子学生 古い文献で秘技学び即実践

 恋愛問題に詳しいカウンセラー・マキはメールで女性の恋愛相談に応じていたが、いつしか「相談」とは名ばかりの赤裸々な告白が全国から送られてくるようになった。今回は喪失15歳。人数ウフフ。遊郭の卒論は親に反対され断念した21歳の大学生からの相談だ。

 * * *
 卒論で島原遊郭を調べていたところ、古い文献の中から、これマジか!と疑うような遊女さんの必殺技を発見したんです。

 なんでもイキにくいお客さんにはまず、騎乗位でまたがり挿入。動くとき、鴨居などに通した紐にぶら下がるようにして、自分で回転するみたいなんです。アレを入れたままでの“ひとりメリーゴーランド”といった感じでしょうか。

 実際にデキんのかなと思ったので、セフレのK君を誘い実験開始。彼の部屋につっかえ棒を設え、ビニール紐を掴んで回転したのですが、バランスを保つのが大変で快感を味わうどころじゃなかったです。逆に彼は「チンコが捻じれていく感触がたまらなくよかった」と大満足。だけど、クルクル回るこっちがしんどいし、ここぞのときしか出せませんね、この回転技は。

【マキの診断】
 男性用オナニーグッズのオナホールでも上下ではなく回転させて使用する人が多いようですから、疲れるリスクはありますけど、必殺技なんでしょう。

※週刊ポスト2015年2月20日号

関連記事

トピックス