• TOP
  • 特集
  • 行為時の声の大きさすごい女性 枕を押し付けられ窒息死寸前に

特集

2015.02.25 15:59  週刊ポスト

行為時の声の大きさすごい女性 枕を押し付けられ窒息死寸前に

 恋愛問題に詳しいカウンセラー・マキはメールで女性の恋愛相談に応じていたが、いつしか「相談」とは名ばかりの赤裸々な告白が全国から送られてくるようになった。今回は喪失17歳。人数1人。西武2年目の森捕手を追っかけ中の19歳の短大生からの相談。

 * * *
 自分では気づかないもんでしょ、入れられているときの声のデカさって。彼がいうには私ったら、すんげえボリュームであえぎっちゃってるみたい。「俺の部屋、壁が薄いんだから、口を閉じてろ」といわれたし。

 この間はついに、突かれながら、彼愛用のそば殻の枕を強く顔面に押し付けられた。結局、だんだんと息苦しくなり、彼を必死にはねつけプハァ~。あ、あ、あたしを殺す気かっ。だからね、ケチらずに、たまにはラブホでお泊まりしようよォ~。

【マキの診断】
 ホテルで思いっきり叫びましょ。

※週刊ポスト2015年3月6日号

関連記事

トピックス