• TOP
  • 特集
  • YouTubeでお宝動画にたどり着く検索ワードを専門家が指南

特集

2015.02.27 15:59  週刊ポスト

YouTubeでお宝動画にたどり着く検索ワードを専門家が指南

 アダルトビデオといえば、かつては高い金を払って購入したり、レンタル店に足を運んだりしてようやく鑑賞できたものだが、今やネットを使って無料でセクシー動画を楽しめる時代。しかし、お目当ての動画になかなかたどり着けなかったり、高額な料金を請求されたりすることを恐れている人も多いだろう。

 そんなネット初級者、中級者の間で、安心かつ無料でセクシー動画が楽しめるとして、動画投稿サイトの最大手「YouTube(ユーチューブ)」が注目されている。YouTubeは、検索サイト大手Google(グーグル)が運営するサイト。トヨタやソニーといった大企業、自民党や民主党といった政党などが公式チャンネルを持ち、宣伝動画を公開している。専門サイトのように大っぴらではないが、そんな品行方正なサイトでもエロ動画は視聴できる。

 YouTubeの動画は視聴者が検索しやすいように、投稿者が動画に登録タグ(キーワード)をつける。タイトルとキーワードが主に検索の対象になるのだが、エロ動画の場合、ストレートな言葉のタグを付けるとすぐに削除対象になる。これを避けるために、エロ動画投稿者は隠語で「タグ」を登録するのだ。ITジャーナリストの後藤ひろし氏がいう。

「無修正動画を見たいからといって『無修正 AV』などのキーワードで検索してもヒットしません。たとえば『SEX』の隠語である『XXX』や『18+』(18歳未満視聴禁止)と打ち込むと、露出の多い姿で性行為をしているような動画や、時には無修正動画が見つかる。

 おっぱいの隠語である『tits』と組み合わせて『japan』や『asian』と打ち込めば、日本人の着エロアイドル動画が出てきます。こうして単語を組み合わせたり、隠語検索したりすることで、“お宝動画”が出てくるのです」

 試しに「18+」と「XXX」で検索してみると、裸の男女が正常位でセックスしているようなサムネイル(縮小された見本画像)が検索結果にあがってきた。海外の映画のセックスシーンをまとめたものなのか、1時間を超える映像の中で複数の男女のセックスシーンが描写されていた。

※週刊ポスト2015年3月6日号

関連記事

トピックス