• TOP
  • 国内
  • 72才の名士 41才女性と結婚宣言も親族は「財産狙い」と反対

国内

2015.03.07 16:00  女性セブン

72才の名士 41才女性と結婚宣言も親族は「財産狙い」と反対

 妻と離婚や死別した高齢男性と結婚し、亡くなった後に多額の保険金や遺産という“報酬”を堂々と受け取る「後妻業」。夫や交際相手に次々と青酸化合物をのませて殺害し、多額の遺産や保険金を手にしていたとされる筧千佐子容疑者(68才)はまさにそれを生業にしていた。2013年12月の夫・勇夫さん殺害だけでなく、内縁関係にあり2012年8に死亡した男性についても殺害を認める供述を始め、事件が再び動き出した。

 会社員の下村舞さん(仮名・25才)の祖父(72才)は、地方議員経験もある地元の名士。10年前に祖母が他界してからひとり暮らしをしていたが、昨年秋になって、突然「再婚する」と言い出した。

「相手は社交ダンスサークルで知り合ったという41才の女性で、祖父より30才以上も年下。しかも、彼女は妊娠4か月だというんです」

 祖父は「子供ができた以上は責任を取らないと」とどこか誇らしげだが、舞さんたちの思いは複雑だ。祖父には土地など相当な財産があり、親族の間では「財産目当てに違いない」「本当に祖父の子なのか?」と彼女を疑う声があがった。

 そして親族のひとりが探偵事務所に相手女性の身辺調査を依頼すると、驚くべき素性が明らかになった。

「彼女は戸籍上、結婚経験はありませんが、内縁関係にあった男性が数人いました。しかも、祖父は『2年前から交際を始めた』と言っていますが、彼女は昨年夏まで別の男性と同棲していた。しかも、その男性には2000万円近い借金があることが発覚したんです」(舞さん)

 さらに女性は祖父に「介護士をしていた」と話していたがその経歴もウソで、ホステスのアルバイトなどをしながら交際相手に食べさせてもらっていたことが判明した。

「この“限りなくクロに近い”報告書を見せると、祖父は納得するどころか、『デタラメだ! お前たちのほうが信用できん』と激怒。絶縁状態になってしまいました。せめて子供が生まれたらDNA鑑定を受けてほしいと言っているんですが…」(舞さん)

 筧容疑者の事件もあり、舞さんは祖父の生命を心配する日々だという。

※女性セブン2015年3月19日号

関連記事

トピックス